• HOME
  • 事業内容
  • 代表プロフィール
  • 会社案内
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • メニューを閉じる
  • 稲葉琢也ブログ – ページ 131 – ビズサポート

    INABA TAKUYA BLOG
    稲葉琢也ブログ

    赤字でも借入ができ、資金繰りが改善する元銀行支店長の秘訣を授けるビズサポートの稲葉琢也

    2015/10/31
    再生に必要なこと❗️

    おはようございます。

    第1回から、資金繰りのピンチに陥った
    事業の再生をする手立てを説明してきました。
    返済をストップして、再生計画を立てる
    期間の資金繰りの目処がついたら
    先ず、出血を止めることですビックリマーク
    お金は人間で言えば血液です。
    怪我をして出血している状態では、徐々に体力は失われます。
    先ず、出血箇所を見つけて、止血

    その為に、前回、分解して考える事を説明しました。
    売り上げや利益を⇨店別、取引先別、商品別、担当者別等に分解してみましょう。
    注意するのは犯人探ししてるかのような
    ネガティヴな印象を社員に持たれ、
    モチベーションが下がらないようにすることです。
    その為には、分解して調べる理由をシッカリ理解して貰う。
    出された意見は素直に聞く⇨素直とは、
    意見が異なっても否定しない❗️
    「君はそう考えたのですね」と認めること
    受容する事が大切ですビックリマーク
    これはSWOT分析をする時やメンバーの意見を求める場合の必須条件です。
    ちなみに、SWOTは、お分かり、そう
    s強み、w弱み、o機会、T脅威でしたね。
    否定の言葉を発すると、場は凍りついて意見はでなくなります。
    次に、自社の商品、サービスの強みを
    見つける方法
    お客様の声を聞く
    特に買って頂いたお客様、利用して頂いたお客様の声を聞きましょう。
    他にもたくさん○○○はありますが、当店を選んで頂いた理由を教えて頂けませんか?
    利用してみていかがでしたか?
    売り上げやサービスを利用して頂いたお客様が自社の強みを認識しています。
    答えはユーザーが知っていますよ。
    小さな成功を掘り下げてみると成功のポイントがみつかります。
    次に外部環境分析の手法、PEST分析
    を説明…の予定でしたが、長くなってしまいましたので、叉次回にしますm(_ _)m
    経営に悩んだらガーン
    ビズサポートに無料相談して下さい。
    お待ちしております。

    2015/10/30
    ピンチをチャンスへ❗️

    おはようございます。

    とりあえず資金繰りが落ち着いたら
    早速事業の立て直しに取り掛かりましょう。
    この場合に、聞かれたことがある
    SWOT分析PEST分析をおこないます。
    先ずSWOTの説明です。
    SWOTは外部環境と内部環境を分析する
    手法です。
    自社の内部環境を「強み(strengths)」と「弱み(weakness)」にわけて見直します。
    自社を取り囲む外部環境を「機会(Opportunities)」と「脅威(Threats)」に分けて
    考えます、英語は覚えなくて大丈夫ビックリマーク
    頭文字がS、W、O、Tだと分かれば充分です。音譜
    先ずは強み、弱み、機会、脅威を順不同に
    しっかり大き目のポストイットに書き出してみましょう。
    会社の他のメンバーも一緒に書くと更に良いです。
    実際に作業してみると、どちらに分類するか悩むことがありますが、
    あまり細かなことにはこだらわない。
    ピンチに陥った方は特に、なぜピンチに陥ったのか、➀真の原因を見つける。
    次に➁解決の方向性を見出す。
    これがSWOT分析の目的です。
    機会✖️強み⇨積極戦略
    自社の強みを活かして、事業機会をとらえ、収益を拡大
    機会✖️弱み⇨改善戦略
    弱みを克服して、事業機会を捉え収益を改善。
    事業機会を捉えることで、自社の弱みを克服、軽減する。
    脅威✖️強み⇨差別化戦略
    自社の強みを活かして、脅威からの影響を最小限にとどめる。
    脅威✖️弱み⇨致命傷回避、撤退・縮小戦略
    自社の弱みと外部環境の脅威で最悪の結果を避ける。
    しかし、繰り返しになりますが、これを綺麗にまとめるねが目的ではありません。
    事業だけでなく財務とも関連づけ、
    「弱み」として売り上げが下がっているが出た場合。
    さらに掘り下げ、
    取引先別や商品別に分解。
    どこの取引先、何の商品、
    あるいは、販売単価と販売個数に分解
    このように強み、弱みを掘り下げてみて、
    ピンチに陥った原因⇨窮境に至った真因を
    見つけ、それを取り除く計画をつくります。
    堅い話なので今日はここまでです。
    ビズサポートからのお知らせでした。
    話が堅くて分かり難いと思われた方は、
    是非その旨をダメ出しして下さい。
    {ABD2457A-A79B-4EAA-AD73-02BE197AD9F5:01}

    2015/10/29
    お金はどこに消えた?

    皆さん、毎日家計簿をつけたことがありますか?

    資金繰りが厳しくなってしまったら、
    日々のお金が足りるのか足りないのか?
    先の予測をする為に、資金繰り表を6カ月先まで作成することを、金融機関に求められることがありませんか?
    資金繰り表って何?
    こんな方は先ず日繰り表を作ってみましょう。
    日繰り表とは家計簿みたいなものです。
    縦軸は1~月末までの日付を記入
    横軸は、先ず現金や売掛金回収の収入、
    更に右横に以下の現金支払い項目を記入します。
    給料、仕入れ代金、家賃、税金、支払利息、借入金、返済、その他、等主要な項目に分けて記入、
    その右横に入りと支払いの差引、現金合計残高
    以上を日々記入して毎日の現金残高を確認しましょう。
    これを3カ月間記入していますと、一カ月のなかで何日に、いくら、どういう理由で、
    お金が増減するのか見えてきます。
    こうなればしめたものクラッカー
    毎日の支払いは、だいたい把握できましたね。
    分からないのは、今後の売上とそれに伴う
    現金や売掛金の入り方ですね。
    前年、前々年の月別売上を確認して、月によって売上が増減する幅と理由を把握します。
    次は売上の何割が現金回収で何割が掛けかを確認しましょう。
    掛けは翌月末に入金が多いと思われます。
    又この売上に必要な仕入れは何月にいくら仕入れし、代金はいつ払うのか
    以上が分かれば、この後毎月いくら売上が発生して、何月にいくら入金になり、
    何月にいくら支払いか分かります。
    こうしてやっと経理は苦手な社長さんに、
    お金がどこに消えたのか見えてきました。
    先が少し見通せましたか?
    分かり難い方は、税理士さんや取引金融機関で資金繰り表、日繰り表の用紙を貰って
    埋めてみて下さい。
    分からない点や用紙を希望の方は、
    お気軽にビズサポート無料相談下さい。
    分かり難いとお感じの方は是非コメント下さい。
    分かった方はいいねグッド!をポチッとお願いしますm(_ _)m
    それでは又次回しっぽフリフリ
    {5D9AA802-381E-4315-AD06-157ECFC0816C:01}

    2015/10/28
    ピンチを招く取引➁

    {198A7BFC-E389-4954-A9BD-A3D185A92A53:01}

    おはようございます。

    お金のピンチを招く取引の振り返り。
    ピンチを招く危険な取引とは折り返し融資
    借入の口数が多くなり、借入返済の為に
    新たな借入をしなくては支払い資金が足りず借入を繰り返す取引です。
    個人で言えば消費者ローンを何本も借入して、返済に追われる多重債務の状態に等しいのです。
    いずれもケースも、貸手も借り手も、ある程度借入の頻度が高くなると危険と感じます。
    しかし危険と感じた時は既にピンチ爆弾
    メインバンクと相談して返済猶予の要請 手続きは前々回のブログでお確かめください。
    返済が止まったら、早速改善に着手
    ヒト、モノ、カネ、ジョウホウに分けて対策を考えてみる。
    お金の面では前回のキャッシュフローを重視します。
    多い勘違い、
    その1  売上が伸びているから大丈夫?
    利益に繋がらない売上で満足していませんか?
    税引き後利益(損益計算書の1番下)と
    減価償却費(費用計上されているがお金は出て行かない)を加えた金額が簡易キャッシュフロー=簡易CF
    これが大まかな1年で稼いだお金です。
    これを増やすことが必要です。
    勘違い
    その2
    我が社は利益が出ているからお金は大丈夫?
    「勘定あって銭足らず」
    この状態になっていませんか?
    CFは営業CFと投資CFと財務CFに
    分けられます。
    営業CFとは
    本業でのお金の増減
    利益が増えるとお金は増える。
    買掛け金が増えるとお金は増える。
    支払いを手形払いにするとお金は増える。
    売上代金が掛け(売掛金)になるとお金は減る。
    売上代金を手形で回収するとお金は減る。
    投資CFとは
    設備など固定資産の増減によるお金の増減
    設備投資するとお金は減る等
    財務CF
    借入の増減や増資、減資などによるお金の増減
    借入を増やすとお金は増える。
    借入返済はお金が減る。
    この中で、よくあるのは、営業CFがマイナス=お金の減少。
    売上が伸び利益もあったが、売上代金の受け取りが全て1カ月の売掛金となり、売掛金は4カ月の手形となったらどうでしょう?
    現金100で仕入れて、150で売れた
    したがって50の利益があったものの、都合5カ月はお金がはいりません。
    これは単純化してますが、このような
    ことが起きていませんか?
    こんな勘違いを防ぐ為に、税理士さんに聞いて自社のCF計算書を見てみましょう。
    それでも、分からない場合や詳しくことが聞きたい場合は弊社HP株式会社ビズサポートのお問い合わせフォームへ
    無料相談ください。
    今回は長くなってしまいましたので、事業面のSWOT分析PEST分析に基づく改善については、又次回です。

    2015/10/27
    何から手を付けたら良いでしょうか?

    さあ、なんとか資金繰りの目処がついたら

    改善の為に、何から手を付けたら良いのでしょうか?
    自分の事業の状況を正確に把握できていますか?
    「長年この事業を行なって来たのだから、自社の事は自分が1番良く知っている❗️」
    良く聞くフレーズです。
    確かにそうです。
    しかし、社長さんが目指している理想の会社の状態と、今の現状のギャップを今一度冷静に、客観的に見てはいかがでしょうか?
     ヒト、モノ、カネ、ジョウホウと4つ経営資源に分けて考えてみましょう。
    SWOT分析やPEST分析も考える有効なツールです。
    説明と使い方は次回です。
    今回はカネの面に焦点を当ててみます。
     
    先ずはメインバンクに相談します。
    メインバンクとは、通常、借入残高が1番多い銀行ですが、長年の取引の歴史や取引の経緯も考慮します。
    特に返済を猶予する場合や事業再生を目指す場合は、メインバンクとの意思疎通が重要となります。
    次に、
    顧問税理士さんの協力でキャッシュフローを確認します。
    キャッシュフローを分析してどうして返済資金が足りなくなったのか?
    手元現金の増えたり、減ったりする理屈を
    理解して、どうすれば手元現金が増えるのかを考えましょう。
    売掛金や在庫が増えるとキャッシュフロー=CFは減少します。
    資産(貸借対照表の左側)が増えるとCFは減少します。
    負債(貸借対照表の右側)が増えるとCFも増えます。
    例えば買掛け金が増えるとCFは増加します。
    この理屈が分かると何故お金CFが足りなくなったのかわかりますよ。
    では今日はここまで、続きは次回です。
    もしお急ぎの方や詳しく聞きたい方は、
    遠慮なく、 経営コンサルタント株式会社ビズサポートの無料相談をご利用下さい。
    夜明けは近いですよ(^-^)/
    {11D8C3DB-C529-4DAC-9E94-057E4A8CF3A6:01}

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ