• HOME
  • 事業内容
  • 代表プロフィール
  • 会社案内
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • メニューを閉じる
  • 稲葉琢也ブログ – ページ 3 – ビズサポート

    INABA TAKUYA BLOG
    稲葉琢也ブログ

    赤字でも借入ができ、資金繰りが改善する元銀行支店長の秘訣を授けるビズサポートの稲葉琢也

    2019/09/04
    交渉ごとを上手にまとめるには

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1050
     
     
     

    資金繰りなどで事業の先行きに

    不安がある社長さんの
    早期の事業再生をお手伝いを
    していますが
     
     
    経営改善計画を立て銀行に
    金融支援を受ける同意を求めます
     
     
    こうした仕事をしていると
    金融機関の方に説明をして
    理解してもらうことが
    重要となります
     
     
    バンクミーティングを開催して
    取引のある全ての金融機関が
    一同に会して、説明することも
    多いのですが
     
    あくまで計画を示して説明する
    ことが主な内容となります
     
     
    勿論、事前に計画書を送付して
    ミーティングに備えて貰い
     
     
    同じ説明を一同に会して聞き
    質疑応答をするので情報は
    公平に伝わる良さは有りますが
     
     
     
     
    最終的な同意を得るには
    個別に丁寧に質問に答えたり
    金融機関の要望を聞いて
    修正したりします
     
     
     
    こんな場合には、お互いの
    信頼関係がある場合と
    懐疑的な見方をされている場合は
     
     
    結果に決定的な違いがうまれます
     
     
    金融機関の調整が上手くいかない
    大半のケースは
    計画の内容以前に
     
     
    専門家と金融機関の関係性が
    上手く整っていないことが
    多いのです
     
     
    では、関係性はどうすれば
    良好に保つことができるか?
     
     
    実は、皆さんもご存知の方法で
    「接触頻度を上げる」ことです
     
     
    なかでも、顔を合わせて
    膝詰めで話すと一気に
    信頼関係が出来上がります
     
     
    どうも話し合いが
    上手くいかないと思う方は
     
     
    先ずは、相手の言い分を
    冷静によく聞きましょう
     
     
    その際には、お互いの立場の
    違いを認めて、言い分に
    即座に反論しないことが重要です
     
     
    話の途中で遮ったり
    即座に反論したり
    感情的になると最悪な
    事態に陥りやすい
     
     
    先ずは相手の言い分を
    否定せずに認めます
     
     
    そしてその言い分はなぜ
    そう主張しているのか?
     
     
    立場や背景を理解するように
    質問をしてみます
     
     
    「〇〇さんのおっしゃるのは
    〜ということですね」
    「それは、どのような経緯や
    背景があるのでしょうか?」
     
     
    こんな感じです
     
     
    相手の言い分を認めるのは
    迎合するのではないのです
     
     
     
    そうして、すり合わせをして
    互いに妥協できる点はないか
    丁寧に探していくのです
     
     
    これは、他の仕事の場面でも
    共通することではないでしょうか?
     
     
    「あの人は苦手だな」
     
     
    「あの会社は厳しいから嫌いだ」
     
     
    こんな話をよく聞きますが場、
    原点に戻って、話をよく聞いてみる
    ことも1つの方法です
     
     
    信頼関係の構築にはマメに
    接触すること
     
     
    話をよく聞き相手を
    認めることです
     
     
    私も丁寧に、繰り返します
     
     
    今日は以上です
     
     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、5名以内の少数密着型で学べます
     
     
    説明会を兼ねたセミナーがあります。
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/08/27
    金融機関に協力してもらう為に必要なこと

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1049
     
     
     
     
     
     
    経営改善を図っている
    お客様に関する記事です
     
     
    弊社は、普段、資金繰りの
    苦しいお客様と一緒に
    お願いの文章を作り、
     
     
    改善計画を作る期間の
    銀行の借入返済を緩めて頂いて
    シッカリと立て直しが
    出来るように計画をつくります。
     
     
     
    計画を立てればすぐに
    改善するのかといえば
     
     
     
    順調に改善が進む会社もありますが
    なかなか赤字が止まらず
     
     
    売上も減少し続ける会社もあり、
    会社毎にかなりバラツキがあります
     
     
     
    再生は先ずは
    企業側の事業そのものの
    立て直しが必要ですが
     
     
    その為には金融機関の協力が
    得られることが大前提です
     
     
    特にメイン銀行の協力姿勢が
    絶対に必要です
     
     
     
    サブ以下の金融機関は
    メインの姿勢をみていますので
    新たな融資は難しいのは当然ですが
     
     
     
    事業の立て直しに向けた
    経営努力を理解して
     
     
     
    計画期間の返済の猶予や
    抜本的な改善計画を立てることが
    困難な場合には、体力回復期間として
     
     
     
    3年間の暫定リスケに応じる
    などの支援姿勢が必要となります
     
     
    この過程では金融機関として
    事業の再建について懐疑的であったり
    半信半疑といった捉え方を
    していることが多いのです
     
     
    そこで専門家が関わって
    丁寧に説明していくことが求められます
     
     
    その説明のために1番苦戦するのは
    事業の部門別であったり店別に
     
     
    売上、原価、経費、利益などを
    把握して示すことが必要ですが
     
     
    そもそも自社でデータが
    とれておらずデータ集めに
    苦労します
     
     
     
    本来なら
    経営が上手くいっているか?
    自ら細分化して確認して
    売上が下がってる部門は?
     
     
    原価が高い部門は?
    経費がかかり過ぎの部門は?
    利益が出ていない部門は?
     
     
    という具合にみていくことで
    早目に、不振の兆候を把握して
    対策を考えて、実行できます
     
     
    そしてその対策の効果が
    どのくらいか?
     
     
    足りなければ
    更にあらたな対策を
    考えていきます
     
     
    以上のように出来ていれば
    良いのですが
     
     
     
    改善が必要となっている
    大半の中小企業はそれが
    出来ていないからこそ
    経営不振に陥っています
     
     
     
    建て直すためにはこれらを
    一つ一つ実行していかなければ
    なりません
     
     
    又金融機関には、そうした現状も
    理解してもらい
     
     
    勿論必要なことだが
    時間がかかる
    ことも理解して協力して
    もらいたいのです
     
     
    最近、苦戦している案件は
    サブ以下の金融機関は
    待ってくれているが
     
     
    メインのメガバンクが
    計画に対して、細かな質問を
    数多くして、膨大な作業が
    必要になっています
     
     
    やはり普段からデータが
    取れる様にしておかないと
    大変ですね
     
     
    普段から専門家の意見を聞いて
    経営に必要なデータが取れる
    ようにしましょう
     
     
    今日は以上です
     
     
     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/08/20
    バンクミーティングを開いて銀行の協力を得る。

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉1048
     
     
    昨日は、朝から、大阪に出張
     
    バンクミーティングに
    パートナーと新幹線で向かいました
     
     
    経営改善計画が出来上がったので
    取引金融機関様にお集まり頂きました
     
     
    最初に社長から金融機関に
    本日までの協力に謝意を表明
    今後の事業の立て直しに向け
     
     
    経営努力をすることを意思表示
    した上で、金融機関の理解と
    協力をお願いするあいさつを
    します
     
     
     
    弊社が経営改善計画の説明をして
    計画に盛り込まれた金融支援策に
    同意をお願いしました
     
     
     
    今回の計画は、後述の
    数値基準を満たす計画を
    作ることが難しく
     
     
     
    3年間の暫定リスケジュールを
    お願いする内容です
     
     
     
     
    通常なら
    ①計画3年以内の黒字化
     
    ②5年(10年まで許容される)
         以内での債務超過の解消
     
    ③計画終了時点で
    キャッシュフロー倍率10倍以内
     要するに15年から最大20年で
    返済しなければならない借入が
    全て返済できる
     
     
    以上の3つの数値基準を満たす
    計画を作るのです
     
     
    しかし、今回は
    商取引の相手に対して
    支払いをする必要がある
    債務が多いため
     
     
    事業を継続するには
    商売相手への支払いを
    優先させて
     
     
    金融機関には3年間は
    元金の返済を待ってもらい
    利息のみを支払いします
     
     
    3年間を体力回復期間として
    事業の立て直しを図ります
     
     
    概ね理解頂き、本部の
    承認を取って同意書を
    出してもらうのを待ちます
     
     
    バンクミーティングは取引の
    金融機関が一堂に会して
    同じ情報に基づいて
     
     
    再生に向けての金融機関の
    協調体制を整えることが
    できます
     
     
    借入企業が独力で
    交渉をすることは
    かなり難しいので
     
     
    しっかりと経験豊富な
    専門家に依頼することが
    重要です
     
     
    専門家とは普段から
    自社の内容について
    打ち合わせをして
    おきましょう
     
     
     
    難しいこと、経験の無いこと
    どうして良いか分からない事は
     
     
     
    「着手を早く」を
    こころがけましょう
     
     
     
    今日は以上です
     
     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/08/13
    経営不振から抜け出すには一人で頑張らない

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1047
     
     
     
     
    私は、社長さんのお困りごとに
    寄り添って、一緒に解決する
    お手伝いをしています。
     
     
    特に資金繰りを中心に
    会社のお金でお悩みについての
    ご相談が多いのです
     
     
     
     
    それも、相談相手がいなくて
    一人で懸命に悩み、我流で
    あれこれやって、こじらせた
    ケースが多い
     
     
     
     
    その結果、お困りごと
    の根本の原因が分からなくて
    何をどのようにして良いのか
     
     
     
    社長さんも分からなくなって
    困り果ててのご相談となります
     
     
     
    本来なら早いほど、打ち手も
    多く、改善までの時間も
    確保しやすいのです
     
     
     
     
    時間を稼ぐ対策として
    借入の返済を銀行に
    待って貰い
     
     
    同時に本業の立て直しを
    はかります
     
     
     
    お困りごとの内容は
    かつては儲かっていたが
    毎年売上が減少したり
     
     
     
     
    売上は伸びて忙しいのに
    儲からない、お金がない
     
     
     
     
    なんとか売上を上げるように
    指示を出すと、
    値引きして無理矢理売り込み
    しようとして、粗利が減少して
    貧乏ひまなし状態になる
     
     
     
    他には赤字になったので
    なんども経費削減ばかりで
    会社が暗くなり
    社員もやる気を失っている
     
     
     
    社長としても諦め気味で
    兎に角、売上を上げる指示
    で、いつも無理した目標は
    未達成となります
     
     
     
    こうなったら、まず原点に戻り
    今まで、上手くいっていた時から
    何が変化したのか?
    何が変化出来なかったのか?
     
     
     
     
    外部環境、内部環境で
    振り返ってみます
     
     
     
     
    過去10年分の損益計算書
    貸借対照表を並べてみます
     
     
     
     
     
    数字で大きな変化が起きた
    時期を見つけ、要因を探します
     
     
     
     
    そして不振の原因が継続
    している理由を推定します
     
     
    そして
    営業所別、商品別、担当別
    客数の減少か?
    客単価の減少か?
     
     
     
     
     
    そうしてある程度の仮説が
    立ったら、施策を考えて
    効果をシミュレーションします
     
     
     
     
     
    改善策を考えるには
    モレなくダブりなく検討する
    為にこのシートを使います
     

    和仁達也先生が作成した

    日本キャッシュフロー協会の
    「利益倍増着眼点モデル」
     
     
     
     
    ここまで過程を分かりやすく
    把握するには「お金のブロックパズル」
    を活用すると、会計の知識がなくても
    わかります
     

     
    お金のブロックパズルは
    西潤一郎さんのstrac表を基に
    和仁達也さんが考案したもの
     
     
     
    こんな手順で資金繰りに
    お困りの中小企業の
    経営改善を図ります
     
     
    専門家費用の負担を
    軽くするには
     
     
     

     
    経営改善支援センター事業を
    活用して費用の2/3を補助金で
    まかなう方法もあります
     
     
    大切なことは
    早く着手することです
     
     
     
    今日は以上です
     
     
     
    こうしたコンサルが
    出来るようになるには
     
     
     
     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/08/05
    社員が実力を発揮出来るように育つ

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1046
     
     
     
     
    経営不振な会社を立て直す
    仕事をしています
     
     
    経営改善してを作って
    金融機関に金融支援を
    お願いして同意を頂いても
     
     
    社長と社員の全社が
    一丸となって「挽回しよう」
    というマインドには
    なかなかならない
     
     
     
    そこで今回は
     
     
     
     
    質問中心の研修講師養成講座の
    野原先生に学びに行きました
     
     
     
    コーチングを学びました
    理論ではなく実践で使える
    ことにフォーカスした研修です
     
     
     
    参加者の中には他のコーチングの
    講座を受講して認定コーチの方や
    コーチングを仕事にしている方々が
    参加されていました
     
     
     
    野原さんのメソッドはいつも
    適切な質問を投げかけて
     
     
     
    考えて頂き、気付きを与え
    行動を促すように
    運営されています
     
     
     
    受講生への最初の問いかけは
     
     
     
    あなたが普段「聴く」時に
    意識していることは?
     
     
     
     
    この「聴く」は「聞く」
    とはことなりますね
     
     
     
     
    「聴く」は傾聴で使われる
    ように、積極的に意識して
    「聴く」ことをいいます
     
     
     
     
    次に「認める」です
    相手の言うことをそのまま
    受け入れて、良い悪いの
    評価をしません
     
     
     
    オウム返しも効果的です
     
     
     
     
    そして3番目に「質問する」
    重要なのは自分の為でなく
    相手の為に聴きます
     
     
     
    又、イエスかノーでしか
    答えられない
    クローズドクエスチョンではなく
     
     
     
     
    相手が自由に答えられる
    オープンクエスチョンで
    質問します
     
     
     
     
     
    質問をして相手の方が
    考えている沈黙の間は
    相手にペースを合わせて
     
     
     
     
    回答を待ちます
    出てこない時は
     
     
     
    沈黙の間にどんなことを
    考えていたのかをお尋ねします
     
     
    そして4番目には
    フィードバックをします
     
     
     
     
    相手が見えていないことを
    鏡に写して見せてあげる
    イメージで
     
     
    アイメッセージで感じたままに
    お伝えします
     
     
    「私は…と感じました」
     
     
     
    そして
    仮にクロージングをします
     
     
     
    先ずは、しっかりと聴くことを
    参加者同士で体感しました
     
     
     
    聴くことを
    お客様からの信頼向上や
    売上(粗利)につなげる為に
     
     
     
     
    学んで参りました
     
     
     
     
     
    時間とお金をかけても
    コンサルとしては重要な
    スキルです
     
     
     
     
    常に磨き続けて
    お客様のお役立ちを
    第1に行動します
     
     
     
     
    興味のある方は
    是非声を掛けてください
     
     
     
    又ビジョナリー
    コーチングも学ぶことができる
     
     
     
    いろいろなコンテンツが
    有ります、のぞいてみてください
     
     
     
    今日は以上です
     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ