• HOME
  • 事業内容
  • 代表プロフィール
  • 会社案内
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • メニューを閉じる
  • 稲葉琢也ブログ – ページ 12 – ビズサポート

    INABA TAKUYA BLOG
    稲葉琢也ブログ

    赤字でも借入ができ、資金繰りが改善する元銀行支店長の秘訣を授けるビズサポートの稲葉琢也

    2019/02/04
    銀行から気持ちよくお金を借りる本

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1018
     
     
    昨日読んだ本は
    独立開業から事業を軌道に
    乗せるまで
    「賢い融資受け方35の秘訣」
     
    著者は田原広一氏
    自身も起業3年で8200万円の
    借り入れに成功した
    資金調達アドバイザーが指南する
     
     
    事業拡大を目指す社長が
    絶対に知っておくべき
    借り入れのノウハウ本です
     
     
     
    本にも書いてありますが
    日本の中小企業は
     
     
     
    中小企業庁のデータを参照すると
    平均して1年で約3割が廃業
     
     
     
    3〜5年で4〜6割が廃業に
    追い込まれている実態が
    明らかにされています
     
     
     
     
    つまり夢を抱き相応の資金と
    時間をかけて事業を立ち上げた
    にもかかわらず
     
     
     
    3年で約半分の
    会社が倒産してしまうのです
     
     
    なぜ中小企業や個人事業主が
    倒産しやすいのでしょうか?
     
     
     
    理由は様々ですが
    小規模の事業の場合は
    比較的シンプルで
    突き詰めていくと原因は1つです
     
     
     
    「お金がなくなる」と会社は
    潰れるのです
     
     
     
     
     
     
     
     
    赤字だから潰れるのではなく
    赤字でも資金を持っていれば
    潰れません
    黒字でもお金が無くなると
    潰れます
     
     
     
    そのためには借入を
    上手に活用することが
    必要なのです
     
     
     
     
    しかし上手くいかない
    理由があります
     
     
     
     
    1、借入を良くないことや
         悪いことと思い込んでいる
     
     
     
    出来るだけ借入を少なく
    出来れば無借金でいこうとする
     
     
     
     
    借入するのは必要になってから
    と考える方が多い
     
     
     
     
    そして無理をして経営し
    資金が足りなくなりはじめて
     
     
    切羽詰まって借入をしようと
    します
     
     
     
     
    2、銀行は切羽詰まってから
        借入を申し込みしても
     貸してはくれません
     
     
     
    従って創業時に6ヶ月間は
    売上が上がらないことを
    想定しておくことが必要です
     
     
    だから6ヶ月は売上が無くても
    支払いが出来るように
    手持ちのお金を確保します
     
     
     
     
     
    もちろん、すべての手持ち資金を
    自力で確保するのは難しい
     
     
     
    銀行借入で初期の資金を
    充分に調達するための
    35のポイントをこの本で
    学ぶことができます
     
     
    例えば
    秘訣1
    融資を受ける最大のチャンスは”創業前”
     
     
     
    秘訣2
    創業融資の審査は「自己資金×経験値」
     
     
     
    秘訣3
    正しい自己資金とそうではない
    自己資金の違いを知る
     
     
     
    あとはネタバレするので
    本をお読みください
     
     
     
     
    もちろん、本を読んで自分で
    理解して、対策を打てる人は
    それで良いのですが
     
     
    1人では上手くいかない
    方の方が多いのです
     
     
     
     
    そんな時には専門家の
    知恵を借りることです
     
     
    その際に
     
     
    専門家費用がもったいないと
    考えるのは
     
     
    借入が必要な時に
    金利がもったい無いから
    借入しないと考える
    のと同じことですね
     
     
    お金の専門家
    に相談してみてください
     
     
    全国で450名以上の
    キャッシュフローコーチが
    活躍しています
     
     
    又こんなお金の専門家を目指し
     
     
     
     是非一緒に経営者の
    お金の悩みを解消する
    パートナー型コンサルタントに
    なりましょう
     
     
    今日は以上です。
     
     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
     
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
     
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/01/30
    借入は善 資金繰りの肝は借入

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉ブログ1016
     
     
    今日の本はこちらです
     
     
     
    元銀行員の資金繰り
    コンサルタント
    小堺 桂悦郎さんが書いた
     
     
     
    「銀行員は決算書のココをみる!
     
     
     
    サブタイトルは
     
     
    「お金を借り続けるための
    裏経営学シリーズ」
     
     
    世の中には
    「決算書の見方」と言った本は
    いろいろ出版されてますが
     
     
     
    銀行がどこをみて融資を
    判断しているのか分かる本は少ない
     
     
     
     
     分かれば自社は銀行からみて
    融資可能なのかが判断できます
     
     
     
     
    先日資金繰りのキモは借入と
    ブログに書きましたが
     
     
     
    その借入を上手に活用するには
    銀行の見方を知ることが重要です
     
     
     
    しかし銀行員の説明は分かり難い
    気軽に聞きずらい
    このような声をよく聞きます
     
     
     
    例えば
    よく銀行に依頼される
    「決算書一式」とは何と何か?
     
     
     
    又、赤字でも借入が
    出来る方法は具体的には?
     
     
     
     
    債務超過でも借入できる?
     
     
    ちなみに債務超過とは
     
     
    債務超過とは全ての資産を
    全ての負債が上回っている状態
     
    全ての資産を売却しても
    負債が払いきれない状態です
     
     
    従って新規の借入を申込しても
    通常は銀行に門前払いされます
     
     
     
     
    そうならない為には
    早めに準備することが必要です
     
     
     
     
    そんなアドバイスをしてくれるのは
     
     
     
    儲かっているのにお金がない」
    こんな不安を抱えている方は
    是非、ご相談してみてください
     
     
    又、キャッシュフローコーチに
    興味がある、なりたい方は
    こちらへ
     
     
     
     
    今日は資金繰りに影響の強い
    銀行借入に関する本でした
    参考になれば幸いです
     
     
     
     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を現在募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/01/27
    銀行に嫌われる会社好かれる会社

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉1016
     
     

    今日の本は鈴木みささんの

    「銀行に好かれる会社、
    嫌われる会社」
     
     
    私は普段から資金繰りに
    不安のある社長さんの
    相談にのり、
     
     
    お金の不安を
    解消するお手伝いをしています
     
     
    資金繰り改善の方法は
    何通りもありますが
     
     
    もっとも効果が早くて
    大きいのは借入です
     
     
    資金繰りが苦しくなったら
    借入さえできれば
    一旦資金は確保されます
     
     
    又既に借入が多くて
    新たな借入が難しい場合は
    返済額を減らすか
    返済をストップして
    もらいます
     
     
     
     
    しかしいずれの場合も
    銀行の同意を得ないと
    出来ません
     
     
    同意を得るには
    今後どのように経営をして
    どう返済をするか
     
     
     
    計画書や資金繰り表の
    提出することを求められます
     
     
    こうした銀行とのやりとりが
    スムーズに進むことが必要です
     
     
     
    したがって、いかに
    銀行と付き合うのかが
    資金繰りを安定させる
    大切なポイントです
     
     
    そんな銀行との付き合い方を
    この本は分かりやすく
    書いてあります
     
     
    銀行に嫌われる会社の
    共通点として
     
     
    1 求めた資料が
       すぐ提出されない
     
    2  融資の目的、金額が
        明解でない
     
     
    3  社長が自社の決算書や
         試算表の内容を説明できない
     
     
    4  経理担当者が経理に
         精通していない
     
     
    5  会社としての長期的目標や
         方向性が明解でない
     
     
    6  高齢社長の後継者が
         定まっていない
     
     
    7  社内全体が乱雑で
        従業員に覇気がない
     
     
     
    こんな記述がありました
    私がかかわっている会社も
    当てはまります
     
     
     
    昨年末から急遽たのまれ
    支援している企業様では
     
     
    契約していたコンサルタントが
    金融機関とケンカ腰で交渉して
    関係性が悪化していました
     
     
     
    先ずは、金融機関に出向き
    話をよく聞いて依頼された
    資料を早く提出します
     
     
     
    又途中経過をどこの
    金融機関にも同じように
    出来るだけこまめに
    報告します
     
     
     
     
    要するに担当者や支店が
    本部に稟議書を書きやすく
    早めに資料を出し説明します
     
     
     
     
    つまり正しい現状を
    分かりやすく伝えて
    今後どのように
    経営しようとしているか
     
     
     
     
    金融機関に理解して
    もらう努力を続けます
     
     
     
     
    自社で良い関係が
    築いている方は問題ないが
     
     
     
    上手くいってない方は
    専門家のサポートを受けて
    みませんか?
     
     
     
     
    良い専門家をお探しの方は
    こちらへ⬇︎⬇︎⬇︎
     
     
     
    今日は以上です
     
     
     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
     
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
     
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/01/26
    あなたは何を売っているのですか?

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉1015
     
    ミドルシニアで起業に関心のある方へ
     
     

     
    先日から相談企業の支援を
    強化するために数多くのマーケティングに
    関する本を読んでいます
     
     
    今回の本は佐藤義典さんの
    「ドリルを売るには穴を売れ」
     
     
     
     

    本の中で、事例の物語の舞台は

    中堅商社「広岡商事」が
    新規事業として始めた
    イタリアンレストランです
     
     
     
    経営がうまくいかず
    廃業寸前となります
     
     
     
     
    最後のチャンスとして
    新規企画室に新に配属された
    新人の売多真子(うれた・まこ)が
     
     
     
    様々な人の助力を得て
    「シチリアの太陽の下で
    元気になれる店」という
    コンセプトを立案
     
     
    それが経営陣受け入れられ、
    「そーれ・しちりあーの」として
    新装開店する物語
     
     
     
     
     
    その物語を通して
    マーケティングの基本を
    学べます
     
     
     
    物語形式で読みやすいが
    内容はマーケティングを
    かなり理解できて
     
     
     
    早速使いたいと思える本です
     
     
     
    詳しくはネタバレするので
    本を買って読んで下さい
     
     
    タイトルの
    「ドリルを売るには穴を売れ」
     
     
    この言葉を聞いたことのある方は
    大勢いらっしゃると思います
     
     
    ドリルを買いに来たお客様は
    ドリルが買いたい訳ではなく
     
     
    穴を開ける道具を探して
    ドリルを買うのです
     
     
     
    つまり商品を売りたいと
    考えたときには
     
     
     
    お客様がなにを求めているか
    知ることが大事なのです
     
     
     
     
    例えば腕時計を買う時
    時間を見るためだけなら
    クォーツであれば安くても
    充分に正確です
     
     
     
    しかし、有名なブランドの
    高価な時計を買う場合には
    時間を見るためにという
    機能ではなく
     
     
     
     
    「他者からカッコよく
    見られたい」
     
     
     
    「自分へのご褒美」
     
     
     
    「結婚などの記念に」
     
     
     
     
    このような理由があります
    つまり時計そのもの機能ではなく
     
     
    買い手の情緒的な価値を
    提供しているのです
    逆に言えば売り手の
    作戦にはまっていますね
     
     
     
    したがって売上が下がり
    困っている
     
     
     
     
     
    売れなくなって困って
    値下げを検討したり
    ポイントを付与(事実上の値引き)を
    考える前に
     
     
    社長さんは、お客様が求めている
    価値を知ることが必要なのです
     
     
     
     
    自分が身の回りの物を
    買い物をするとき
     
     
     
    どんな価値を求めているのか
    考えてみましょう
     
     
    なぜ売れるなか?
    なぜ売れないのか?
     
     
     
     
    本当の理由はお客様が
    心の中に持っています
     
     
     
    アンケートやインタビューに
    よってお客様が他にも
    沢山お店がある中で
     
     
     
     
    自社を選んでくれた理由
    つまり先ほどの
    「どのような価値を
    求めているのか」
     
     
     
     
    例えばこの本では
    「元気になれるレストラン」
    をお客様が求めている
    ことに気づいて
     
     
     
     
    従来のレストランを
    コンセプトを変えて
    提供する価値が味だけでなく
     
     
     
    「シチリアの太陽の下元気になれる店」
    新装開店するのです
     
     
     
     
    どんなお客様にどんな
    価値(機能的や情緒的)を
    提供するのか?
     
     
     
     
     
    お客様が手に入れる価値が
    お客様が支払う価値
    (時間やお金など)を
    上回っていますか?
     
     
     
     
    原点に帰って考えましょう
     
     
     
     
    一人ではなかなか出来ない方は
    お気軽にご相談ください
     
     
     
    今日は以上です
     
     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
     
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/01/11
    サルの大群の綱渡りに学ぶ

     
    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉1013
     
     

    最近YouTubeで話題の

    猿の大群が電線を綱渡り
    している動画です
     
     
     
     
    上手に列になって
    毎日移動しているようです
     
     
     
     
    「雪の下にある防獣対策の
    電気を流す柵を避ける為」
     
     
     
     
    「深い雪は歩きにくいから
    電線を伝わって移動している」
     
     
     
     
     
    「猿も雪の上を歩くのは
    足が冷たいのだろう」
     
     
     
     
    いろいろと取りざたされて
    いますが、猿に聞いてみないと
    本当の理由はわかりません
     
     
     
     
    実は同じようなことが
    身の回りで起きています
     
     
     
     
    かつては良かったのに最近は
    売り上げが減少していることで
    お悩みの社長さんは
    多いと思います
     
     
     
     
    売れていた商品も何も変えず
    ずっと同じ商売を続けていると
    じわじわと売れなくなります
     
     
     
    すると他社の売れている
    商品を手当たり次第に
    自社も扱うが
     
     
     
     
    思ったほど売れない
    しかし、少し売れているから
    取り扱いを止める事も出来ず
     
     
     
     
    次々と手を出してアイテムが
    すごく多くなってしまった
     
     
     
     
    逆に何もしないで、
    ゆでガエル状態で
     
     
     
    売上減少し利益も減り続け
    どうして良いか分からない
     
     
     
    こんなお困りの会社さんを
    見かけることが多い
     
     
     
    お客様の欲求は変化します
     
     
     
     
    対策を打つためには
    お客様がなぜ自社を
    選んでくれるのか?
     
     
     
    お客様の目線で考える
    お客様に聞いてみる
     
     
     
     
    事業の立て直しをするには
    素直にお客様の声にならない
    声に耳を傾けることが必要です
     
     
     
     
    売れないから闇雲に
    値下げをして売ろうとする
     
     
     
     
    売上減少の理由は
    他社に価格で
    負けているから
     
     
     
     
    本当にそうでしょうか?
     
     
     
     
    儲からないから
    値下げをすると
    更に儲からなくなります
     
     
     
     
    まずは、買ってくれている
    お客様に
    「他にもいろいろな会社の
    商品があるのに我が社を
    選んで頂いた理由」を
     
     
    尋ねてみましょう
    お客様の欲求が分かります
     
     
    答えは100%お客様が
    持っているのです
     
     
    お客様のはあなたの提供した価値
    に対して対価を払うのです
     
     
     
     
    その価値は機能的なものだけではありません
    虚栄心を満たす、プライドなども価値です
     
     
     
     
    トップ営業をしてみて
    お客様の欲求の変化を
    体感し本当の理由を
    聞いてみましょう
     
     
    お客様の心の中を
    教えてもらうのです
     
     
     
    今日は以上です
     
     

     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ