• HOME
  • 事業内容
  • 代表プロフィール
  • 会社案内
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • メニューを閉じる
  • 稲葉琢也ブログ – ページ 11 – ビズサポート

    INABA TAKUYA BLOG
    稲葉琢也ブログ

    赤字でも借入ができ、資金繰りが改善する元銀行支店長の秘訣を授けるビズサポートの稲葉琢也

    2019/02/23
    捨てられる銀行になるなよ!

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1023
     
     
     東京出張の帰りの新幹線の
    中ではこの本でした
     
    捨てられる銀行3
    未来の金融
    「計測できない世界」を読む
    橋本卓典氏の著書です
     
     
    捨てられる銀行からの
    シリーズです
    興味深く読んで以来
    続いて読んでいます
     
     
     
    登場する酷い金融機関の
    事例が全ての金融機関に
    あてはまると言えば
    誤解を与えるが
     
     
     
     
    事件の原因となった、背景は
    大なり小なり、どこの
    金融機関にもあることです
     
     
     
     
    ■お客様の自己資金を示す
    預金残高を改ざんして
    ほとんど自己資金もない
     
     
     
     
    賃貸アパートに対する
    投資資金融資を組織的に
    行なっていたスルガ銀行事件
     
     
     
     
    ■東日本震災に対する
    政策的な低利な制度融資を
     
     
    無関係な融資先に
    偽って適用することで
    全店的に貸し出していた
    商工組合中央金庫事件
     
     
    あるいは、金融機関名は
    書かれていないが
     
     
    ■投資信託の回転販売に
    よる手数料稼ぎの事例など
     
     
    かつて銀行員であった
    私でも本当に
     
     
     
     
    「そんなことするのか?」
    と思うような内容が出てきます
     
     
     
     
    事業再生支援を本業の
    ど真ん中におく、我が社から
    見ると、
     
     
     
     
    もっとほかに出来ることが
    沢山あると思えることばかり
     
     
     
     
    リスクテイクとは計測
    できないリスクをとることであり
     
     
     
     
    それは財務の過去データを
    分析しても何も判断できない
     
     
     
     
    事業者の事業への思い
    覚悟や本気を評価することで
    初めてリスクを取る選択が出来ます
     
     
     
     
     深く、その事業の内容を
    理解して、寄り添って
    考えることが必要です
     
     
     
     
     
     
    金融庁は、金融機関に
    コンサルティング機能の
    発揮を求めていますが
     
     
     
     
    コンサルティングの前に、
    経営者の話をよく聞いて
    信頼関係を築いていく
     
     
     
     
    そして経営者の思いに
    共感して本気で応援する
    じっくりと地元に根を下ろした
     
     
     
    そんな関わり方をすれば
    経営者の真の悩みごとは
    沢山あります
     
     
     
    銀行がその解決のお手伝いで
    活躍する場面はまだまだ多い
     
     
     
     
     
    金融機関の皆さんには
    お客様に感謝される
    お客様のお役に立つ
     
     
     
     
    これを働きがいにして
    頂きたいと思います
     
     
     
     
     
     
    組織の中では難しいと
    感じるなら独立して
    コンサルとして役に立つ
    生き方もありますよ
     
     
    そんなときには
     
     
    そしてコンサルになりたい方は
     
     
     
    今日は以上です
     
     

     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/02/22
    来てほしいお客様はどんな方?

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1022
     
     
     
     
    ご相談中のあるレストランの
    立て直しをしています
     
     
     
    経営が不振になると
    さまざまな問題が
    時間とともに表面化します
     
     
     
     
    すると、場当たり的な
    対応を考えがちです
     
     
    社員やパートが辞めて
    人手が足りないので
    〇〇〇サービスを止める
     
     
    人材の募集するも人が来ないの
    時給を上げなくては?
     
     
    店舗が老朽化している
     
     
     
    椅子が古くなり、汚れているから
    急いで直します
     
     
     
     
    壁が汚れているので、壁を
    塗り替えしなければならない
     
     
     
     
    照明が暗いが費用がかかり
    そうだから見送る
     
     
     
     
    看板が目立たないから
    新たに作ろう
     
     
     
    確かにどれも必要です
    しかし個別の部分ではなく
    全体を考え最も重要な課題は?
     
     
     
    「お客様が少なくなり
    売上が減少している」
     
     
    その原因がつかめていません
     
     
     
    お客様が減っているから
    値下げしようか?
     
     
     
    売上が減少し利益が
    出ないから値上げしようか?
     
     
     
    これまた部分的で場当たり的な
    考えで迷っています
     
     
     
    どんなお客様に多くきて
    もらおうとしているのか?
     
     
    そのお客様が求めている
    のは手軽さなのか?
     
     
    それとも高品質高級
    商品サービスなのか?
     
     
    親しみの感じられる
    密着感のあるレストラン
    なのか?
     
     
    自分達はその3つのタイプの
    どれでいくのかをしっかり
    決めることが重要です
     
     
    そして同じような軸の
    競合相手を調査します
     
     
     
     
    そしてその来ていただきたい
    お客様に好まれるメニューや
    サービス、店舗を検討します
     
     
     
     
     
     
     
    こうしたやり方は
    ドリルを売るなら穴を売れ」
    主人公の「うれたま」の作者
    佐藤義典さんの
     
     
     
     
    マーケティングの本から
    学んだことを実例に当てはめ
    徹底的に考えます
     
     
     
     
    なかなか教科書通りに
    単純には割り切れません
     
     
     
     
    大切なこと例えばSWOT
    のようなフレームワークは
    当てはめたら答えが出るものでは
    ありません
     
     
     
     
    漏れやダブりを排除する
    ツールであり、思考を整理する
    ためのものです
     
     
     
     
    なぜなら答えはお客様の
    気持ちの中にあるのです
     
     
     
     
    一定の方向性を定めて
    お客様の心に響く
    お店づくりをあらためて
     
     
     
     
    考えます、アンケートや
    覆面調査も行い、
     
     
     
     
    お客様に現在どのように
    思われていて、ご利用くださる
    お客様さまには
     
     
     
     
    他にも多くのお店がある
    中で、当店をご利用頂いた
    理由をお尋ねします
     
     
     
     
    そうすると自分達が考えた
    「売り」とお客様の理由には
    かなり隔たりがあります
     
     
     
    場当たり的な対策を打つ前に
    今一度、原点に帰って考えて
    みてはいかがでしょうか?
     
     
    今日は以上です
    財務的な手立ても大事ですが
    本業のお客様をいかにふやすか?
     
     
    これも資金繰り対策の一つの
    重要なポイントです
     
     
     

     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

     

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/02/15
    資金繰りの不安はなぜ起きる

     
    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1021
     
     
    何と比較するのか?
    私にご相談が来る会社さんの
    大半は資金繰りが厳しく
     
     
     
     
    事業を続けていくことに
    不安を感じている社長さんが
    多くいらっしゃいます
     
     
    その不安の大きな原因は
    先のことが漠然としていて
    よく分からないことが
    1番大きく、多い原因です
     
     
     
     
     
    例えば、月末の支払いが
    足りそうにない
     
     
     
     
    この場合は、これから先の
    入金が不確定で予測できない
     
     
     
     
     
    これから先の支払い予定が
    よく分からない
     
     
     
     
    また、今月はなんとかなるが
    3か月や半年先はお金が足りるか
    よく分からない
     
     
     
     
     
    こんな感じの方は
    いらっしゃいませんか?
     
     
     
     
    更に、「当面今年は大丈夫だが
    1年2年さきはどうなるか不安」
    「見通しが暗い!」
     
     
    この場合も不安の原因は
    漠然とよくわからないからです
     
     
    それは、数値や図表により
    対比して分かり、納得できると
    不安はきえます
     
     
    しかし多くの方は何故かそれ
    しません、やらない理由は
    「めんどくさい」
    「やり方が分からない」
     
    それで分からないまま
    不安にとらわれています
     
     
    まず一番は支払いをしたら
    足りるか足りないから?
     
    足りない場合はどうすれば
    良いのか?
     
     
    そもそも何故足りなくなるのか?
     
     
    当面今月や2〜3か月は
    足りそうだが、
     
     
     
    手持ちのお金がいくらあれば
    安心なのか?
     
     
    「多ければ多いほど良い!」
    これでは、解決できませんね
     
     
    比較の対象がしっかり
    あると、納得できるのです
     
     
    今月末までの入金予定と
    支払い予定を比較する
     
     
    月末支払い後のお金の
    残高と翌月の支払い
    総額を比較する
     
     
    万が一売り上げが「0」でも
    何ヶ月持ちこたえるが
    出来るのか支払い予定と
    手持ちのお金を比較する
     
     
    これを考えたら
    漠然とした不安は消えます
     
     
    しかし、不安の代わりに
    具体的な問題が明らかに
    なります
     
     
    そこで、対策を前もって
    検討することが必要と
    なります
     
    1.借入と返済を調整する
    税引き後利益と減価償却費
    を加えた額が簡易な稼いだお金
     
     
    稼いだ額以上に返済をする
    契約になっていないか?
    全ての借入の一覧表を作って
    確認しましょう
     
    返済が多過ぎるときは
    銀行に相談です
     
     
    2.本業の入金のタイミングと
    支払いのタイミングが
    支払いが早く、入金が
    遅くなっていないか?
     
     
    これを取り引き先別に
    チェックします
     
     
    管理が甘いといつのまにか
    入金が遅くなり
    売掛金がたまっている
    ケースも見かけます
     
     
    せめて半年に一回は
    全ての取り引き先を
    確認してみましょう
     
     
    資金繰り対策は
    まだまだ多くのチェック
    ポイントがありますが
     
     
    今日は以上です
    会社は赤字でもお金があれば
    つぶれないが
     
    黒字でもお金がなくなると
    つぶれます
     
    お金の専門家
    にご相談ください
     
     
    又キャッシュフローコーチに
    なりたいかたは
    こちらをご覧ください
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/02/11
    資金繰りに不安を感じたらこれしかない!

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1020
     
     
     
    我が社のミッション
    「お金で不幸になる人をなくす」
    を掲げており
     
     
     
     
    資金繰りで苦しんでいる
    社長さんの悩みを解消する
    仕事をしていますが
     
     
     
     
     
    最近特に資金繰りが厳しいと
    ご相談にお越しの社長さんが
    増えてきたように思います
     
     
     
    中でも自力で何とかしようと
    もがいているうちに時間とともに
    資金繰りが悪化して
    切羽詰まった相談が多いのです
     
     
     
    そんなお客様を
    確実に改善する為に
    誰にでも再現できる改善方法を
    確立したいと考えて
     
     
     
     
     
    キャッシュフローコーチの
    先輩でベテランのコンサル
    石原尚幸さんの執筆された
    こちらの本を読み
    頭を整理しています
     
     
     
     
     
    「お金は「ここだけ」
    押さえれば会社は潰れない」
     
     
     
     
    石原さんは、出光に勤務し
    ガソリンスタンドの経営の
    立て直しに奔走されました
     
     
     
     
    その経験を通して学んだ
    ノウハウを活かして
    コンサルとして独立し
     
     
    数多くの中小企業の経営改善に
    取り組んでこられました
     
     
     
     
    そのノウハウをまとめて
    この本を書いておられます
     
     
    お金がどこに消えたのか?
    図解でわかる読みやすい本です
     
     
    例えば、
    「会社の赤字の原因が2つだけ」
     
     
     
    会社の利益を増やすためには
    「粗利を増やすか」
    「固定費を減らす」しかないんです
     
     
    粗利とは粗利益のことです。
    売り上げから
    変動費(仕入れや物流コスト等
    売り上げに応じて変動する費用を
    引いたものがこの粗利益です
     
     
    粗利固定費よりも少ない
    もしくは
    粗利に対して固定費の方が多い
    という関係を示しています
     
    そして粗利が少ない理由は
    売り上げが少ない
    変動費(仕入など)が多い
     
     
     
    次に固定費が多い理由は
    人件費が負担になっている
    その他固定費が負担になっている
     
     
     
     
    このように先ず自社の
    問題点を大別して捉えて
    さらに具体的な対策の
    仮説を立てて検証する
    やり方を教えてくれます
     
     
     
    詳しくはネタバレするので
    本を購入して詳しく読みましょう
     
     
     
    私が未だにこのように本を
    読み検討している訳は
     
     
    多くの資金繰りでお悩みの
    社長さんが、厳しくなるほど
     
     
     
    なにをしたら改善出来るか
    分からなくなり
     
     
     
    闇雲に値下げして売上を
    上げようとしたり
     
     
    営業マンにハッパをかけて
    売上を上げろと言った
     
     
    一貫性のない方法を考えて
    効果が出ないと諦めて
    しまっているの見かけます
     
     
    会社のお金の流れを
    鳥の目でみて、
     
    出血してる箇所を
    全て洗い出すことが必要です
     
     
    この本は先ず全体から
    部分へと具体的な対策を
    検討するのに最適な
    ガイドとなります
     
     
    そして1人でやり切ることが
    出来る方は是非この本の
    手順で改善して下さい
     
     
    又、本を読むことや、
    決算書や数字は苦手な方は
    専門家と2人3脚で
     
     
    スピードを上げ確実に
    対策を打つと良いです
     
     
    その場合の相談するとよい
    専門家はこちらから⬇︎⬇︎
     
     
     そしてそんな専門家に
    なりたいかたはこちら⬇︎⬇︎
     
     
    今日は以上です
    皆さまが、会社のお金の流れが
    見えて最適な手を打つヒントに
    なれば幸いです
     
     
     
     
     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/02/07
    事業を立て直す際に注意すること

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1019
     
     
    先日は早朝から仙台に
    向けて移動しました
     
     
    相談企業の取引銀行に
    説明のための訪問です
     
     
     
    再生を目指すお客様が
    銀行に説明しても納得して
    貰えなくて
     
     
     
     
    再生の支援をしている
    弊社に説明を求められました
     
     
     
     
    普通なら事業を立て直すために
    経営改善計画を立てて
    金融機関の支払いの
    プランをつくります
     
     
    その計画づくりの途中で
    資金が足りなくならないように
     
     
     
     
    借入の返済を待ってもらうことを
    お願いに行って
     
     
     
     
    今後の経営改善計画の方向性や
    進め方とスケジュールなどを
    丁寧に説明しました
     
     
     
    メインバンクも既に協力の
    意向にもかかわらず
    それを説明してもなぜか
     
     
     
     
    訪問したサブ以下の銀行の
    支店長さんやそのほかの方の
    表情が固い‼︎
     
     
     
     
    やりとりをしていて
    分かったのは
     
     
     
    私の前にコンサルしていた
    自称コンサルタント
    もう一人のコンサル
    無茶なことをやっていたことです
     
     
     
     
    資金繰りが厳しい中
    昨年末に、一部の金融機関にだけ
    返済をしていました
     
     
     
     
    そもそも金融機関に
    協調して協力をお願いしながら
     
     
    金もないのに、一部の銀行にだけ
    返済をした行為に、かなり不信感を
    抱いてました
     
     
     
     
    当然ですが、金融機関は
    自行が不利に取り扱われると
    態度が厳しくなります
     
     
     
     
     
    原因の究明と報告を約束して
    国の委託した第三者機関の
    経営改善支援センターを
    活用して、透明な手続きで
     
     
     
     
    事業の立て直しを図ることや
    今後のスケジュールを説明し
    ある程度支援の意向を
    確認させて頂きました
     
     
     
     
    金融機関への事前の相談や
    説明をしっかりしないと
    不信感をもたれて、
    再生出来ません
     
     
     
     
     
    資金繰りに不安を感じたら
    いち早く専門家に相談する
    ことが大事です
     
     
     
     
     
    その場合、簡単に債務が消える
    あるいは銀行が債権放棄してくれる
    などの耳あたりの良い話をする
    コンサルタントや専門家には要注意です
     
     
     
    銀行が債権放棄を認めるために
    取締役会で決済します
     
     
     
     
    その決定のために
    放棄が必要な理由や
    銀行にとってのメリットが
    絶対に必要であり
    簡単には放棄できません
     
     
     
    金融機関への説明はしっかりした
    誠実な専門家に補助して
    貰いながら早目に、丁寧に
    行うことを心掛けて下さい
     
     
     
     
    こじれると、後片付けが大変で
    再生出来る案件でも
    再生出来なくなります
     
     
     
     
    今日は以上です
     
     
     
     
     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ