• HOME
  • 事業内容
  • 代表プロフィール
  • 会社案内
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • メニューを閉じる
  • 資金繰り – ページ 4 – ビズサポート

    INABA TAKUYA BLOG
    稲葉琢也ブログ

    赤字でも借入ができ、資金繰りが改善する元銀行支店長の秘訣を授けるビズサポートの稲葉琢也

    2018/05/01
    4241日ぶりの復活の訳

     

    キャッシュフローコーチ
    ビズサポートの稲葉琢也のブログ806
     

    4月30日、中日の松坂大輔

    DeNA戦に先発し、

    今季初勝利を挙げた

     

     

    この勝利は、

    2006年9月19日の

    ソフトバンク戦以来、 

    4241日ぶりだった。

     

     

     

    メジャーに移籍しレッドソックス、

    メッツを経て

    ソフトバンク、中日ヘと移籍

     
     
     
    松坂はレッドソックス時代
    2011年6月に右肘靱帯の
    修復手術を受けている
     
     
     
     
     
    翌年には復帰したが
    手術前と違ってボールに
    力が伝わらない
     
     
     
     
     
    そのイライラからさらに
    力ずくで投げようとして
    本来の投球フォームから
    どんどん遠ざかっていった
     
     
     
     
     
     
     
    アメリカから日本球界へ
    戻ったが、さらに
    右肩内視鏡手術を受けた
     
     
     
     
     
     
    「利き腕の肩を手術して
    カムバックした投手は
    本当に少ない
     
     
     
     
     
     
    日本ではそのまま引退した
    投手のほうが圧倒的に多い」
    (プロ野球解説者)
     
     
     
     
     
    そんな逆境を乗り越えて
    中日ドラゴンズで
    前回の登板では
     
     
     
     
     
    勝てなかったものの
    内容はかなり良い
    ピッチングしてました
     
     
     
     
     
    昨日はついに復活の
    白星を上げましたが
    球速は最高147km
     
     
     
     
    今後も活躍して欲しいが
    肩の調子次第です
     
     
     
     
     
    しかし松坂選手をみて
    学ぶべきは「諦めない心」
     
     
     
     
    中小零細事業の私達は
    事業が良い時もあれば
    芳しくない時もある
    不振な時こそ、松坂選手のように
     
     
     
     
    手掛かり、足掛かり
    考えて動き、振り返って又動く
    アクションが大切です
     
     
     
     
    諦めずにスピードを上げ
    行動量を増やしてみましょう
     
     
     
    私は資金繰りが
    厳しい会社や
     
     
     
    先行きが見通せなくて
    お困りの社長さんと
    一緒に事業再生や
     
     
    経営改善に取り組み
    多くの社長さんを見て
     
     
    決して諦めない方が
    復活するのをサポートして
    きました
     
     
    先行に不安をかんじたり
    銀行取引が上手くいかない方は
    お気軽にご相談ください
     
     
     
     
    一緒に挽回できる方法を
    探しますよ
     
     
    今日は以上です
     
     
    共感してくださる仲間を探しています
     
     
     
    私のミッションは
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョンは
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
     
    今年6月より
     
    キャッシュフローコーチ養成塾
    広島ファシリテーター講座を
    始めます
    ⬇⬇⬇
     
     
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座を始めました
     
    全6回でほぼマンツーマンで
    実例に関わりながら学べます
     
     
     

    お金の不安解消と
    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

     

    2018/04/06
    カープ5勝目で将来を予測できるか?

     

     
     
    キャッシュフローコーチ
    ビズサポートの稲葉琢也のブログ781


    ヤクルト4ー5広島

    昨日はタナ、キク、マルの
    活躍で勝利を手繰り寄せた
     
     
     
     
     
    5回まで両チーム無得点の中
    丸が館山から3号3ランを放ち
    カープが先制し、逃げ切った
     
     
     
     
    まだまだシーズンは
    始まったばかりで先は
    分からないですが3連覇が
    期待できそうです
     
     
     
     
    先の予測は難しいのですが
    計画を立てることは重要です
     
     
     
     
    中小の資金繰りに
    不安があるのは
    将来の予測が立たないから
    不安なのです
     
     
     
     
    ではどのように将来の
    予測を立てたら良いのか
     
     
     
     
    昨日のクライアントの
    社長さんとの打ち合わせで
    行なったことを紹介しましょう
     
     
     

    まず過去2年から3年分の

    売り上げを並べてみます
     
     
     
    の会社は毎年売り上げが
    減少しています
     
     
     
     
    次に販売部門別に売上を
    並べ分解してみます
     
     
     
     
     
    さらに販売部門の中を
    取引先別に分解をします
     
     
    そしてさらに商品別に分解します
     
     
     
     
    このようにして過去の
    実績数値をよーく見ると
    どの部門のどこの販売先で
    どの商品が減少しているのか
    原因がわかります
     
     
     
     
    数字をシッカリ見ている
    社長はこれを毎月見ており
    変化に素早く気付き
    対処しているのです
     
     
     
     
    残念ながら昨日のクライアントは
    人手が足りず、売上を上げるために
    営業に飛び回りこの数字が
    見えていませんでした
     
     
     
     
     
    そこで今後の見込みを同じように
    部門別、販売先別、商品別に
    分解して数字を予定します
     
     
     
    その際に過去の売上が
    減少の傾向にある場合は
    まずは同じ減少率で減少する
    予測を立てます
     
     
     
     
    そしてその減少を
    食い止めるために行う努力を
    具体的に明確にします
    これがアクションプランです
     
     
     
    そしてアクションプランの効果を
    そのまま宛にするのではなく
     
     
     
     
    2割から3割は割り引いて
    予測して計画をします
     
     
     
    特に資金繰りが余裕がない
    場合は保守的に作ります
     
     
     
     
    保守的とはある程度の
    安全率見て作るのです
     
     
     
    先程の2〜3割割り引いて
    考えるのも保守的なやり方です
     
     
     
     
    このようにして、せめて
    向こう1年間の売上が
    シッカリ予定できたら
     
     
     
     
    それを月別にわりふります
    昨年の月別売上の上位
    3桁を使って年間合計に対する
    割合を出して、その割合で
    向こう1年の月別を出します
     
     
    こうして向こう1年の
    売上計画がシッカリ予定
    できたら
     
     
     
     
    あとはそれに対しする
    仕入れですが
    これは過去の売上原価率を
    参考に予定を立てます
     
     
     
     
    それができたら
    販売費および一般管理費です
     
     
     
     
    こうすれば、ある程度
    向こう1年のシッカリした
    予定がたち
     
     
     
     
    漠然とした資金繰りの
    不安が消えて、課題も
    見えるので早目の対策が
    打てるのです
     
     
     
    長くなりましたので
    今日は以上です
    続きは又明日
     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッションは
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョンは
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    今年6月より
     
    キャッシュフローコーチ養成塾
    広島ファシリテーター講座を
    始めます
    ⬇⬇⬇
     
     
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座を始めました
     
    全6回でほぼマンツーマンで
    実例に関わりながら学べます
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

     

    2018/03/29
    お金はどこに消えた続編、運転資金

     

     
     
    キャッシュフローコーチ
    ビズサポートの稲葉琢也のブログ773
     
     
    一昨日に続いて資金繰りの話です
    特に貸借対照表(BS)で
    お金の動きをみる方法です
     
     
    まずは、営業の状態について
    考えてみましょう
     
     
    運転資金という言葉を
    聞いたことがあると思います
     
     
    運転資金は貸借貸借表に
    のっている次の科目をみます
     
     
     
     
    売掛金と在庫を加えて
    そこから買掛金を引いた金額です
     
     
    ではこの運転資金はいつも
    変動するでしょうか?
     
     
     
     
     
    売掛金は
     
     
     
    売上したけどまだ代金が
    入っていないものです
     
     
     
     
     
    例えば
    月の初めから日々売上て
    月末で締めて請求します
    買い手からは翌月の20日に
    入金になる
     
     
     
     
     
    そうすると月初に売って
    翌月20日だと50日の売掛
     
     
    月末に売って翌月20日までなら
    20日の売掛
     
     
    平均すると(50+20)÷2=35
    売掛期間は35日
     
     
     
     
     
     
     
    例えば、年商が1200万円なら
    月商は100万円で、売掛金は
    取引条件が変わらなければ
     
     
    100万円×35÷30=116.6万円
     
     
     
     
     
     
    取引条件がかわり
    翌月20日入金が翌月30日入金に
    かわると売掛日数が10日伸びます
     
     
    すると売掛金①は
    100万円×45÷30=150万円
     
     
     
     
    こうした変化が起こります
     
     
     
     
     
    在庫については季節性が
    あるような商品だと
    大きく変動します
     
     
    又大量仕入れをしたり
    大量の売れ残りがあると
    膨れ上がります
     
     
     
    例えば
    大きな変動が無い場合は
    だいたい3か月分の在庫②
    180万円
     
     
     
    そして買掛金ですが
    売掛の逆で、
    月初から日々仕入れして
    月末に締めて翌月20日支払い
     
     
    買掛日数は最長50日と
    最短20日の平均35日となります
     
     
    年間仕入れ720万円なら
    平均月間仕入60万円
     
    買掛金③は
    60万円×35÷30=70万円
     
     
     
     
     
     
    運転資金は
    売掛金①+在庫②−買掛金③
     
    150万円+180万円ー70万円
     
    =260万円

     
    こんな風に計算します
     
     
     
    計算が苦手な方は
     
     
     
     
     
     
    売掛金(資産)が増えると
    お金が必要(お金が減る)
     
     
    同じく在庫(資産)が増えると
    お金が必要(お金は減る)
     
     
     
    一方、買掛金(負債)が増えると
    お金が要らない(お金が増える)
     
     
     
    これだけ覚えておきましょう
    そしてこの運転資金は
    取引条件が変わらない場合は
     
     
     
     
     
    常時、資金が必要です
    従って本来この資金を
    借入する時は
     
     
     
     
     
    返済条件のついていない
    短期継続融資で調達するのが
    望ましいのです
     
     
     
     
     
    具体的には短期のころがしか
    借入専用当座貸越です
     
     
     
     
    長くなりましたので
    今日は以上です
     
    次回も続けて貸借対照表を
    説明しますね
     
     
     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
     
    私のミッションは
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョンは
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    今年6月より
     
    キャッシュフローコーチ養成塾
    広島ファシリテーター講座を
    始めます
    ⬇⬇⬇
     
     
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座を始めました
     
    全6回でほぼマンツーマンで
    実例に関わりながら学べます
     
     
     
     

     

    お金の不安解消と
    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

     

    2018/03/27
    お金はどこへ行った?

     

    資金繰りが分かるようになる
    カンタンなお話
     
    キャッシュフローコーチ
    ビズサポートの稲葉琢也のブログ772

    以前「チーズはどこへ消えた」

    という本が売れましたが
     
     
     
    「今日はお金はどこへ消えた」
    の話です
     
     
     
    損益計算書を見ただけでは
    資金繰りがわからないことを
    昨日お伝えしましたね
     
     
    さらに借入金の支払い利息は
    損益計算書に載っていますね
     
     
     
    しかし借入の元金を返済したのは
    損益計算書には載っていません
     
     
     
    また、新しく借入したことも
    損益計算書では分かりません
     
     
     
     
    そうしたお金の動きが分かる
    貸借対照表(バランスシート)
    略してBSは土地・建物などの
    財産ばかりでなく、
     
     
     
     
    借入金などの借金も含めて表示される
    会社の全財産を知るデータ表です
     
     
     
     
     
    「資産」「負債」「純資産」の3
    つの大きな柱で成り立ています
     
     
     
     
     
    左右の金額は、必ず同じです
    つまり
    「資産」=「負債」+「純資産」
    となります
     
     
     
     
     
    しかしBSは決算の期末の残高を
    表していますが、1年間の動きは
    比較しないと分かりません
     
     
     
     
    従って前々期の決算のBSと
    前期のBSを比較すると
     
     
    1年間の動きが分かります
     
     
     
     
    そして超カンタンに言うと
    資産、向かって左側が増えると
    お金が減ります
     
     
     
     
    例えば仕入れして在庫が増えると
    お金は減りますね
     
     
     
     
    車を買うとお金は減ります
     
     
     
     
     
    逆に在庫を売って、在庫が減ると
    お金が増えます
     
     
     
     
    車も売却したらお金が増える
     
     
     
     
    このように資産が増えると
    お金がへり
     
     
     
     
    資産が減るとお金が
    増えます
     
     
    逆にBSの右側の負債は
    増えるとお金が増えます
     
     
     
     
    例えば借入金が増えると
    その分お金が増える
     
     
     
     
    借入金を返済すると
    お金は減ります
     
     
     
    純資産の部も右側なので
    儲かって増えるとお金が増え
     
     
     
     
    純資産が赤字で減ると
    お金も減ります
     
     
     
     
    今日は以上です
    明日はもう少し詳しく
    お金の増減が分かるようにします
     
     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッションは
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョンは
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    今年6月より
     
    キャッシュフローコーチ養成塾
    広島ファシリテーター講座を
    始めます
    ⬇⬇⬇
     
     
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座を始めました
     
    全6回でほぼマンツーマンで
    実例に関わりながら学べます
     
     
     

    お金の不安解消と
    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

     

    2018/03/26
    資金繰りに不安を感じたらどうする?

     
     
     
    キャッシュフローコーチ
    ビズサポートの稲葉琢也のブログ770
     
    お金はどこに消えたか?
    弊社に相談がある中小企業の大半は
    相談の中心が資金繰りです
     
     
    事業には熱心で一生懸命
    お店も繁盛しているのに
    お金がなくてアップアップ
     
     
     
    売り上げも毎年伸びて
    車両も増えており、
    働くドライバーも増えている
    運送業者さん
     
     
     
     
    資金繰りが厳しくて
    銀行が融資をしてくれません
     
     
     
    資金繰りが苦しい会社は
     
     
     
    赤字で稼げておらず
    お金の「入り」より「出」が多い
     
     
     
    黒字だが
    お金の「入り」より「出」が多い
     
     
    要するにお金の入りと出の
    バランスが悪い
     
     
    中でも、借入と返済の影響は
    ストレートに資金繰りに現れます
     
     
     
    これを分かるためには
    借入金の返済は損益計算書には
    書いてないこと
     
     
    借入金の利息の支払いは
    損益計算書の営業外費用の
    欄に書いてあること
     
     
    借入元金の返済は損益ではないので
    損益計算書には載っていません
     
     
    借入金の返済が分かるのは
    貸借対照の借入残高の増加と減少
     
     
     
    損益計算書の税引き後利益と
    減価償却費を足したものを
    キャッシュフローといいます
     
     
     
    借入金を返済するのは
    このキャッシュフローで
    返済します
     
     
    従ってそのキャッシュフローと
    1年間の返済金額とを比べて
     
     
    返済が多いとだんだんお金が
    無くなっていきます
     
     
     
    キャッシュフローを増やすか
    返済を減らすか
    どちらかが必要です
     
     
    営業のキャッシュフローを
    増やすには時間がかかります
     
     
    まず、早く手が打てるのは
     
    1.新たな借入する
     
    2.返済金額を減らす
     
    このどちらかです
     
     
    新たな借入がスムーズに
    行くためには、
     
     
    資金使徒(借入の使い道)が
    しっかりしていること
    なぜ必要となったのか?
     
     
    次にどうやって返済するのか?
    返済するためのお金は
    どのようにして稼ぐのか?
     
     
    現在赤字ならどのような理由で
    赤字になったのか?
     
     
    今後どうやって挽回して
    黒字にするのか?
     
     
    このように説明することを
    銀行が聞いてきます
     
     
    答えられるように準備
    しておきましょう
     
    次に返済の条件を変えるときは
    改善計画を立てて出して下さいと
    言われます
     
     
    この場合は、先日のブログで書いた
    経営改善支援センター事業を
    活用して、
     
    専門家に計画を立てる
    手伝いをしてもらうと良いです
     
     
     
     
    今日は以上です
    明日は借入と返済以外の
    資金繰り対策について
    説明しますね
     
     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
    私のミッションは
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョンは
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    今年6月より
     
    キャッシュフローコーチ養成塾
    広島ファシリテーター講座を
    始めます
    ⬇⬇⬇
     
     
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座を始めました
     
    全6回でほぼマンツーマンで
    実例に関わりながら学べます
     
     
     

     

    お金の不安解消と
    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

     

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ