• HOME
  • 事業内容
  • 代表プロフィール
  • 会社案内
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • メニューを閉じる
  • 資金繰り – ページ 10 – ビズサポート

    INABA TAKUYA BLOG
    稲葉琢也ブログ

    赤字でも借入ができ、資金繰りが改善する元銀行支店長の秘訣を授けるビズサポートの稲葉琢也

    2017/02/08
    資金繰りのお悩み事例

    資金不足の原因をつかむ
    いなジィのブログ356
    {7D528B59-7AEC-4397-82F9-4E2C79DECE64}
    今日のご相談企業は
    資金繰りのお悩みです
    {645E43A6-F5B8-49C0-BA8B-93566E5F24D0}
    金融機関の返済は既に
    止めて貰っていますが
    収益は減価償却費を計上前で
    やっと小幅な黒字です
    減価償却費20百万円を計上すると
    約20百万円の赤字です
    しかし
    それ以上の資金不足が発生し
    なぜお金が無いか分からず
    対策も出来ていませんでした
    こんなケースが意外に多いのです
    なんで?
    頭???
    {58254595-6786-4D2F-B9C8-3334F50BEE72}
    社長さん損益計算書では
    トントンでもお金が足りたり
    足りなかったりします
    こんな時は
    前期末の貸借対照表(BS)と直近の
    試算表の貸借対照表(BS)を比較して
    お金がどこに消えたか
    調べると良いのです
    貸借対照表(BS)って何?
    一定時点の会社の資産と負債と純資産
    (財政状態を表したもの)
    {45B4B871-CD9E-432E-B27F-78D304D71C80}

    その会社の場合は

    前受け金が減少したことによる
    ものでした
    そうなんです
    キャッシュフローは
    貸借対照表の左側
    (資産の部)が増えると
    お金は減ります
    一方で貸借対照表の右側
    負債が増えると
    お金が増えるます
    例えば
    支払いを買掛金にすれば
    手許のお金が増えます
    更に支払いを手形にすると
    お金は増えますね
    今回の会社の場合の
    前受け金は負債科目なので
    負債の減少により
    手許のお金は減少したのです
    急いで短期の資金繰り対策として
    前受け金の増加と
    役員借入の増加を図りました
    これで当面の資金繰り
    は落ち着きます
    次に本業の挽回を急ぎます
    アクションプランの
    進捗をチェックして
    正確な現状把握
    課題の明確化
    改善策(5W2H)で
    立案して実行します
    やるべきことの
    緊急度と重要度により
    優先順位を明確化し
    マンパワーの配分など
    力の入れ方を見直しました
    皆さんも、資金繰りの余裕が
    無くなる前に早目に
    手を打ちましょう







    「お金」と「ビジョン実現」の

    社外の戦略ブレイン

    ココをクリック右矢印ビズサポート

    いなジィこと稲葉琢也
    {AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}


    初めての方はこちら
    ダウンダウンダウンダウンダウン

    にお尋ね下さい

    初回相談は無料です
    お気軽のHPのお問い合わせ
    フォームか下記の電話に
    ご連絡ください

    ダウンダウンダウン
    082-548-2862

    2017/01/25
    帳簿を見たらお金の増減の理由が分かりますか?

    社長さん、財布に穴が開いてませんか?
    いなジィのブログ342
    {9BFA79CA-5660-45D5-BBD7-5C1D1151546A}

    何時もの銀行ネタです

    {2DBB4A44-1E5C-4A69-AD73-7EF4814DD0E2}
    借入の返済か苦しいので
    経営改善支援センター事業を
    活用して専門家費用の2/3を
    国の補助金を貰って
    {3458A204-7A3C-4213-BF1E-FAF3195BF96D}
    経営改善計画を立て
    金融機関の借入返済を
    長期に変えて返済の負担を
    軽減しました



    返済負担は大幅に
    削減出来たのだけど

    しかし



    {40892459-4BA7-45B7-96B3-F02B03A4C01C}

    試算表では計画通り利益も

    出てるのにお金がない
    個人の借入や計画外の
    支出がないか?



    いろいろ詳しく聞いていると



    ポロポロ怪し取引が出て来ました




    そこで日繰り表
    (資金の出入りを毎日記録して
    差引現金預金残高を確認します)

    どこから幾ら入金になり



    どこに何のお金が出てるのか?



    今更ながら再確認します



    今まで場当たり的に支払い
    足りなくなると安易にノンバンクまで
    借入する習慣や


    会社も個人もごちゃ混ぜで



    目的のあるお金も記録しないで
    流用しており



    先ずは漏れの内容すべて
    記録して頂きます



    資金不足の原因は
    ある程度あたりはつきました



    次は「入り>出」



    となるように対策を打ちます



    効果が出るまでの資金繰りは



    借入で対応します

    {4E807C03-3288-4CAD-949C-C0BCBA96050B}


    ポイントは

    なぜ資金が必要となったか
    どうやって返済するか?

    原因の究明としっかりした
    対策と対策の効果と実現性
    これらをしっかり社長が
    説明できるよう
    サポートします

    それでやっと
    社長さんも本業に
    専念できます


    同じようなお悩みは
    有りませんか?



    「お金」と「ビジョン実現」の

    社外の戦略ブレイン

    ココをクリック右矢印ビズサポート

    いなジィこと稲葉琢也
    {AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}


    初めての方はこちら
    ダウンダウンダウンダウンダウン

    にお尋ね下さい

    初回相談は無料です
    お気軽のHPのお問い合わせ
    フォームか下記の電話に
    ご連絡ください

    ダウンダウンダウン
    082-548-2862

    2017/01/20
    資金繰りが苦しい時はどうすれば良いか?

    金融機関の協力を得て事業継続
    いなジィのブログ337
    {FCB8C0D2-1F4E-4349-BD22-D6A47FE852B8}

    今日は某所でバンクミーティングでした

    ん、バンクミーティングって何?
    企業が取引金融機関を集めて
    金融支援の打ち合わせをします
    具体的には
    今回は借入の返済が出来ないので
    金融機関にお願いして
    返済の猶予(待って貰う)の
    延長をお願いしたのです
    金融機関に現状の説明をし
    不振の原因と
    挽回の為の具体的な施策
    を説明しました
    各金融機関とも持ち帰り
    内部の承認をとって頂きます
    もし、あなたの会社の
    資金繰りが苦しくなったら
    支払いをストップしなければ
    資金がショート(支払い資金が不足)
    しそうな時には
    支払いを止める順番があります
    優先して支払う必要があるのは
    税金や社会保険料です
    税金や社会保険料は
    遅らせていると差押えなどの
    法的な手段をうたれ
    行き詰まる危険があります
    又社員の給料支払いも
    優先すべきです
    社員のモチベーションが
    下がると事業を立て直すことは
    不可能となります
    つぎに取引先の支払いを
    優先します
    取引先へ安易に支払いを
    待って貰うお願いをすると
    信用不安を起こす危険があります
    更に
    取引条件が不利になる
    危険もあります
    せめて可能なのは
    新たな取引先からの仕入は
    支払い条件を現状より
    緩やかなにするようにします
    従って

    支払いのストップは金融機関の
    返済を先にします
    特に注意がいるのは
    言いにくいから
    ギリギリまで
    無理をして返済し
    手許のお金が無くなって
    ストップでは遅過ぎます
    ある程度の手許資金
    (せめて1月分の支払い資金)が
    有る間に
    2、3か月の先の資金繰りを
    見通して早目に
    金融機関の返済を
    ストップするように
    要請するのです
    今回のバンクミーティングの
    ように金融機関の支援を得るには
    企業が適切に経営努力をしている
    ことが必要ですが
    金融機関も貸出した以上
    本当にお金の無い企業から
    返して貰う方法はないのです
    従って企業と金融機関にとって
    再建出来ることが共通の利益
    なのです
    企業が倒産するのは
    利益が出ないことではなく
    支払いのお金が
    無くなった時です
    先行きが不安な方は
    早目にメインバンクに
    相談しましょう


    「お金」と「ビジョン実現」の

    戦略ブレイン

    ココをクリック右矢印ビズサポート

    いなジィこと稲葉琢也
    {AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}


    初めての方はこちら
    ダウンダウンダウンダウンダウン

    にお尋ね下さい

    初回相談は無料です
    お気軽のHPのお問い合わせ
    フォームか下記の電話に
    ご連絡ください

    ダウンダウンダウン
    082-548-2862


    2016/12/03
    資金繰りを銀行借入で賄う事例

    銀行借入の申し込みは
    いなジィのブログ288
    {5719D043-656A-41CB-ABBC-C81184294B81}
    今日は土曜日で
    外はもったいない程の
    良い天気でしたが
    事務所の中でデスクワークを
    していました
    クライアントから
    お困り事の電話がありました
    内容は資金繰り装弾
    既存の主要取引先の売上が
    最近2か月減少し
    連続で赤字となり
    資金繰りも1月には
    資金不足の見通し
    その主要取引先は
    値引きが大きく、儲からないが
    資金繰りを考えると
    取引を継続するしかない先
    今後も大幅な改善は
    期待できず厳しい
    そこで
    新たな優良企業に粗利高い
    新製品を提案しており
    試作品を検討して貰い
    概ね合格し1〜2月には
    正式な発注が見込めます
    そこで
    その新規受注を引き当てに
    メインバンクで借入する
    ことにしました
    銀行で借入する為に
    新製品の売価✖︎個数で
    売上の見込=①
    材料単価✖︎個数=②
    一個あたりの製造コスト✖︎個数=③
    これで既存事業の月次の損益見込みに
    (①−②−③)を加え
    必要資金を短期借入し
    売上月の3か月後の月末に
    返済する計画で申し込み
    することにしました
    なので
    受注までの先方の担当者との
    交渉状況のわかる
    faxやメールの写しなどの
    証拠資料と見積書を含めた
    具体的な計数を明確にします
    借入する
    ポイントを明らかに

    資金使途(使い道)
    裏付けの資料を揃える

    必要な金額を確定
    計算根拠が確認できる資料

    借入希望日(必要な時期) 


    借入期間(返済期日)



    返済方法→売掛金の回収等
    資金繰り表などの資金回収の 
    時期の予定を示す資料


    お金を増やしビジョン実現を
    一緒にサポートする

    チャレンジパートナー

    ココをクリック右矢印ビズサポート

    いなジィこと稲葉琢也
    {AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}


    初めての方はこちら
    ダウンダウンダウンダウンダウン

    にお尋ね下さい

    初回相談は無料です
    お気軽のHPのお問い合わせ
    フォームか
    下記の電話に
    ご連絡ください

    ダウンダウンダウン
    082-548-2862

    2016/12/02
    12月は頭の中とお金の流れを整理整頓

    12月はいろいろ要注意です
    いなジィのブログ287
    {CDE6D3FD-2B6E-4143-B937-F6A29672C26A}


    12月になると師走(上のイメージ)
    で何処と無く


    落ちつかない


    何だか分からないが忙しい


    この一年でやり残した事が
    あれこれ浮かび
    モヤモヤします



    こんな時は
    {CB895A6C-34A8-479C-975B-4EE83719535A}

    て頭の中をグルグル回っている事を

    書いて整理します


    来年を考える為にも



    12月にしっかり締めくくり




    課題を洗い出せていると



    頭の中を整理できて





    新たなテーマを積み上げる
    こともできます
    {8FA16F7A-4720-46B7-A5A3-30E4BF8021FC}



    詳しくは以前のブログ
    重要度と緊急度のマトリクス




    実は


    資金繰りも同じです

    「借入の返済はできるか?」


    「月末の支払いは大丈夫か?」



    「ボーナスや給料は払えるか?」


    などなど頭の中で心配しても
    ストレスが溜まるだけ



    時に12月、1月、2月は
    要注意です


    12月は本業が忙しい


    1月は休みが多い


    2月は日数が少ない



    というのは当然ですが




    特に気をつけたいこと



    売上、仕入の増減

    入金、支払いの
    タイミングの変化です




    例えば12月は



    売上代金の受け取りが
    変則になる場合がある



    月末入金が入らない




    いつも待ってくれてる仕入先が
    売掛金をキチンと請求してくる


    毎月の支払い以外の支払いが
    増える


    資金手当て出来てないが
    ボーナスを支払う




    又取引先が行き詰まる




    いろいろ普段とは違う
    事が起きる場合があります



    したがって
    せめて3か月先まで


    簡易な資金繰り
    (お金の出入りの予定)を
    エクセルで整理してみましょう



    日繰り表の作り方の過去のブログ
    お金はどこに消えた?


    資金繰りは、日単位、月単位で
    作ると先の資金繰り目処がつき



    安心して本業に
    専念できますね



    お金を増やしビジョン実現を

    寄り添いサポートする

    チャレンジパートナー

    ココをクリック右矢印ビズサポート

    いなジィこと稲葉琢也
    {AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}


    初めての方はこちら
    ダウンダウンダウンダウンダウン

    にお尋ね下さい

    初回相談は無料です
    お気軽のHPのお問い合わせ
    フォームか下記の電話に
    ご連絡ください

    ダウンダウンダウン
    082-548-2862

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ