• HOME
  • 事業内容
  • 代表プロフィール
  • 会社案内
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • メニューを閉じる
  • 経営改善支援センター事業とは – ビズサポート

    INABA TAKUYA BLOG
    稲葉琢也ブログ

    赤字でも借入ができ、資金繰りが改善する元銀行支店長の秘訣を授けるビズサポートの稲葉琢也

    2019/06/23
    経営改善支援センター事業を活用して経営改善

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1041
     
     
    キャッシュフローコーチ養成塾
    広島ファシリテーター講座の
    ファシリテーターをしています
    ビズサポートの稲葉琢也です

     
    最も小さなコンサル事例を
    発表したいと思います
     
    事例の会社は広島の名物
    お好み焼きの老舗です
     
    先代が創業され、長男が社長を
    引き継がれました
     
    お店は土曜日曜日には
    行列で大繁盛のお店ですが
    社長には悩みがありました
     
     
    その悩みは
     
     
    「忙しくてアルバイトも増員して
    お好み焼きを焼いているのに
    ちっともお金が残らない」
    私が関わるきっかけとなったのは
    商工会議所でお金のブロックパズルを
    使った「脱どんぶり経営セミナー」を
    行った際に受講されたこと
     
     
    そのセミナーの後で
    社長さんから電話がかかり
     
     
    「自分のお店の
    ブロックパズル作ってみたい」
    と依頼がありました
     
    繁盛しているのですが
    資金繰りが厳しく
    あまり多くの報酬は
    支払いができないということでした
     
     
    そこでまずはセミナー特典の
    1時間の無料相談で現状分析を
    することとしました
     
     
     
    お店は繁華街の好立地ですが
    賃料も高いのです
     
     
     
    客席はカウンター10席
    テーブル席12席と手狭で
    土日は店舗の外に
    行列ができます
     
     
     
    財務諸表をもって来社いただき
    ブロックパズルを
    3期分作りました
     
     
    そして一緒になって検討すると
     
     
    売り上げは毎期伸びていますが
    粗利率は低下傾向であることが判明
     
     
    更に、ヒアリングすると
    生イカやキャベツなど
    材料費が上昇していました
     
     
    さらに販管費も毎期増加し
    なかでも人件費は膨らんで
    おりました。
     
     
    そして本業のキャッシュフローと
    借入の返済額を比較すると
    キャッシュフローが足りていません
     
     
    総借入を返済額合計で割ってみると
    4.7年と短く、返済期間を延長して
    返済額を半分程度に減少させる
    余地がありました
     
     
     
    そこで財務的には借入を
    10年に借り換えすることで
     
     
     
    返済額を半減させるとともに
    当面の必要資金を借入する
    方針を立てました
     
     
    一方で事業面の改善については
    粗利を増やす方法を
    利益倍増着眼点モデルを使い
    検討しました
     
     
     
     
    現在は、店舗の土日の
    稼働率は限界に近づいています
     
     
    お好み焼きは
    注文を受けて焼きあがるのに約15分
    食べるのに早くて15分で
     
     
    焼き方を工夫して10分程度に
    短縮しない限り、これ以上
    お客様のを受け入れるのは難しい
     
     
    したがって数量を増やし
    売り上げを伸ばすのは
    困難なので
     
     
    客単価を上げるには
    値上げをせざるを得ないが
     
     
    社長さんは、
     
    「安くて美味しい
    お好み焼きを食べて欲しい」
     
     
    「値上げしてお客様が
    減るのが怖い」
     
     
    この気持ちが強くて
    どうすれば良いのか
    困ってしまってました
     
     
     
     
    そこでブロックパズルを活用し
    1番の売れ筋のA商品を
    1,000円から1,200円に
    値上げした場合の粗利を
     
     
    何通りかシミュレーションし
    ながら話し合いました
     
     
    お好み焼きの直接原価
    約50%です
     
     
    1割売上数量が減少した場合
    売価1000円原価500円 
    月間販売数1,000個
    粗利500,000円/月
     
     
    売価1200円原価500円 
    月間販売数量900個 
    粗利630,000円/月
     
    差引130,000円の増益
     
     
     
    2割売上が減少した場合
     
     
    売価1,200円原価500円 
    月間販売数量800個 
    粗利560,000円/月
     
     
    差引60,000円の増益
     
     
     
    又いずれのケースでも
    1,200円のAを買わない顧客は
    他の950円の商品Bを
    注文すると想定され利益は
    更に増える
     
    1割がシフト475×100=4750
     
     
    2割がシフト475×200=9000
     
     
     この計算を丁寧に説明して
    社長も納得されました
     
     
    更に、競合店のメニュー表を
    調べて自社の方が安いことを
    確認して値上げを決心されました。
     
     
    利益の少ないこのお店で
     この経営改善計画を立てるのは
     
     
    国の経営改善支援センター事業を
    活用しておこないました
     
     
    専門家費用の1/3をご負担いただき
    2/3は補助金で対応できました
     
    財務は3つの金融機関(銀行、信金、公庫)に
    借入を10年に借り換えすることと
     
     
     
    メインバンクと公庫に
    長期運転資金として5百万円
    増額して借り換えできました
     
     
    金融機関の同意を取り付け
    資金繰りも確保して
     
     
    値上げにより増収・増益となり
    安定した経営となり
     
     
    現在は毎月1回1時間で
    月5万円の顧問契約を継続し
    お金の流れを確認し合って
    安心して本業に専念して頂いてます
     
     
    今日は以上です。
     
     
    こんなコンサルタントになりたい方は
     
     
     
    養成塾の詳細はこちらです。
    定員10名で残り5名です
     
     
     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2018/10/06
    経営改善支援センター事業を利用すると?

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉963
     
     

    今日は台風が接近する

    予報の中で弊社の
     
     
    早期再生コンサルタント養成講座
    第3期生第2回目を開催しました
     
     
    3名の少数密着型の講座ですが
    本日は1名の欠席者があり
    講師の私を含めて3名での
    開催となりました
     
     
     
     
    経営改善支援センター事業を
    活用した早期再生の事例を
    申請から順を追って解説
     
     
     
     
     
    申し込み企業と代表認定支援機関
    ならびにメインバンクの3者の
    印鑑を揃えて申請します
     
     
     
     
    同支援センターが受け付け
    決定通知を出します
    通知書が届いたら
     
     
     
     
    申し込み企業と認定支援機関が
    契約をして計画策定を始めます
     
     
     
    計画は昨日書いたように
    事業と財務に分けて実態を
    把握して計画します
     
     
     
     
    計画の中に金融支援計画を
    盛り込みます
     
     
     
     
    金融支援計画の具体的な中身は
    1 .リスケ(貸出の条件変更)
    2.債務の一本化(実質長期化)
    3.新規融資
    このいずれかを計画に含みます
     
     
     
     
    この計画に対する金融機関の
    同意書を取り付けます
     
     
     
     
    全ての金融機関の同意書が
    整ったら計画は成立します
     
     

    その後は全て金融機関の

    貸出の手続きが完了し
    実務的にも完了します
     
     
    そして3年間のモニタリングを
    行います
    モニタリングは計画に対し
    実績が達成出来ているか?
     
     
     
     
    計画を下回っていると
    原因究明して追加の
    施策を検討します
     
     
     
     
    そのモニタリング結果を
    取引金融機関に報告し
     
     
     
    改善支援センターに対して
    モニタリング費用の支払い
    請求します
     
     
     
    認定支援機関の専門家費用の
    負担は事業者が1/3
    国の補助金が2/3となります
     
     
    今日は以上の通り
    経営改善支援センター事業の
    一通りの流れを説明しました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業の方向けの
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2018/08/24
    経営改善支援センター事業とは?

     
     
     
     
     

    ビズサポートの稲葉のブログ920

    経営改善支援センター事業とは

    どのようなものか説明します

     

     

     

    この事業は、国の事業です

     

     

     

    金融支援を伴う本格的な

    経営改善の取組みが必要な

    中小企業・小規模事業を対象として、

     

     

     

    認定支援機関が

    経営改善計画をつくるのを支援し

    経営改善の取組みを促すものです

     

     

     

    認定支援機関とは

    経営革新等支援機関

    (認定支援機関)は

     

     

     

    中小企業・小規模事業者が

    安心して経営相談等が受けられるために

     

     

     

    専門知識や、実務経験が

    一定レベル以上の者に対し

    国が認定する公的な支援機関です

     

     

    具体的には、商工会や商工会議所など

    中小企業支援者のほか

    金融機関、税理士、公認会計士

    弁護士等が認定支援機関として

    認定されています

     

     

     

     

    中小企業・小規模事業者が

    認定支援機関に費用支払いが必要な

    経営改善計画策定支援にかかる

     

     

     

    計画策定費用及び

    フォローアップ費用について

    経営改善支援センター(国)が

     

     

     

    3分の2(上限200万円)を

    補助金で負担してくれます

    金融支援計画を含む

    経営改善計画に金融機関の

    同意を得ることについては

     

     

     

    全ての取引金融機関が

    計画に同意して同意書を

    提出することがひつようです

     

     

     

    今回、この事業を使って

    経営改善計画をつくり

     

     

     

    金融機関に金融支援を依頼したところ

     

     

    ある地銀Mの担当の方が

    趣旨を誤解していて

     

     

     

    「このスキームで金融支援をうけたら

    今後の融資が難しくなる」と

    社長さんに話して

     

     

     

     

    やらない方が良いと

    話されました

     

     

     

    こんな方もときどきいますので

    丁寧な説明がとても大事です

     

     

     

    しかし上手く活用すれば

    資金繰りに不安のある

    中小零細事業者には

    有効な方法です

     

     

     

    資金繰りに不安が

    あったら検討してみるのも

    一つの方法です

     

     

    今日は以上です

     
     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
     
    今年6月9日より
    キャッシュフローコーチ養成塾
    広島ファシリテーター講座
    第1期を始めました
    ⬇⬇⬇
     
     
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座もあります
     
    全6回でほぼマンツーマンで学べます
    現在、9月開講の第3期生を募集中です
     
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2018/08/13
    経営改善支援センターの使い方

    お金の不安解消とビジョン実現の
    社外戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチの
    稲葉琢也のブログ909

    今日も午前中は

    あらたな資金繰りのご相談を
    受けました
     
     
    銀行に融資を断られて
    資金繰りに目処がつかない
    お悩みです
     
     
     
    早期経営改善支援センター事業を
    使って再生できないか
    検討しました
     
     
     
    事業の全体像を理解するために
    ヒアリングをしていきます
     
     
     
     
    サービス業なので
    提供するサービスの内容を
    数字を含めてヒアリング
     
     
     
    売上の構造を確認すると
    客数✖️単価✖️利用頻度✖️営業日
     
     
    経費の構造もヒアリング
    最大の経費は人件費
     
     
    持っている資格や技能別に
    給料・社会保険料などを
    確認します
     
     
     
    次に大きな費用である
    家賃を確認しました
     
     
    その他の経費を丁寧に
    聞いていきました
     
     
    それで1カ月あたりの
    利益の見通しがわかりました
     
     
    次に月べつの売上代金の
    入金のタイミングを確認し
     
     
    一方で経費の支払いは
    大半が当月払いです
     
     
    従って
    経費のお金が先にでていき
    売上代金の入金は2か月遅れ
    なので立て替えの資金が
    必要となります
     
     
     
    売上が伸びると更に
    必要金額が増えていく
    構造なのです
     
     
     
     
    その資金繰りのためには
    即効性のある方法としては
    銀行借入となります
     
     
     
     
     
    そのためには計画を
    立てて、資金の必要な理由や
    返済をする源資を説明します
     
     
     
     
     
    しかしその計画づくりには
    専門家費用がかなりかかります
     
     
     
     
     
    そこで冒頭で述べた
    経営改善支援センター事業を
    使って専門家費用の2/3を
    補助金を使うように検討します

    今日のヒアリングで

    ビジネス俯瞰図と
    グループ関係図をつくり
     
     
     
     
    一覧でどんな事業か
    分かるようにします
     
     
     
     
    あとは計数計画をつくり
    あらたな借入や
    既存の借入の返済が
     
     
     
     
    事業のキャッシュフローの
    7〜8割でまかなえるように
    計画します
     
     
     
     
    こんな風にして
    あらたな借入を含む
    経営改善計画を
    支援センター事業を
    活用してつくり
     
     
     
     
    金融機関の支援を
    得ることができます
     
     
     
     
    資金繰りに不安を感じたら
    改善支援センターに
    相談するのも良い方法です
     
     
    今日は以上です
     
     
     
     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    今年6月9日より
    キャッシュフローコーチ養成塾
    広島ファシリテーター講座
    第1期を始めました
    ⬇⬇⬇
     
     
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座もあります
     
    全6回でほぼマンツーマンです
    9月よりの第3期生を募集中です
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2018/06/08
    交渉の行方はどうなるか?

    資金繰り 銀行取引 経営改善の
    キャッシュフローコーチ
    ビズサポートの稲葉琢也のブログ843

    米朝会談が間近かに迫る中

    北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の

    そっくりさんとして知られる
     
     
    オーストラリアのコメディアン
    ハワードX氏が8日
    シンガポールのチャンギ
    国際空港に到着した後
     
     
     
    当局に一時拘束されていた
    (ロイター通信が伝えています)
     
     
     
     
    ちょっとふざけていますが
    それだけ世界の関心が
    米朝会談に向いていると言えます
     
     
     
    会談の行方は全く
    予想がつきませんが
     
    丸反対の考えで、今まで敵対していた
    国同士の交渉ですから
    非常に難しいと思います
     
     
    しかし両国間の落としどころを
    探ることが必要です
     
     
    「調整事」と言うのは
    神経を使う大変な作業です
     
     
     
     
    しっかりとした考えを持ち
    粘り強く交渉しなければ
    なりませんね
     
     
     
     
    しかし交渉や調整は、私達も
    程度の違いはあっても常に必要です
     
    今日は朝から弊社の事務所で
    早期再生養成講座の
    ダブルヘッダーでした
     
     
    朝は第2期生の方
    午後からは第1期生の方でした
     
    どちらの方も経営力向上計画を
    策定して認定支援機関になり
    事業再生に取り組みます
     
     
     
    次に早期経営改善(プレ)事業や
    経営改善支援センター事業(405事業)
    が取り扱い出来るよう学んでいます
     
     
     
    主には中小企業大学校で
    5ヶ月近くかかって学ぶ
    認定支援機関になるための
    コンテンツを凝縮して
     
     
    実際の再生場合で
    よく使うことを中心に
    全6回で学んでいく講座です
     
     
    経営改善支援センター事業
    (405事業)の特徴は
    対象が金融支援の必要な方です
     
     
    金融支援とは
    1借入のリスケ(返済条件の緩和)
    2借り換え融資、一本化など
    3 .新規融資(財務に問題があり
    改善のため必要であること)
     
    この金融支援を受けるための
    3年から5年の改善計画を作り
    金融機関の同意を取り付けます
     
     
    一方早期経営改善計画(プレ)は
    対象が経営を見直したい方です
     
     
     
    金融機関に金融支援を求めないので
    金融機関には、事前相談の受付印と
    完成した計画書の受取書に
    印をもらうだけで、比較的簡単です
     
     
    財務に特段の問題がなくても
    経営者が経営を見直したい場合は
    対象になります
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    どちらも専門家費用の
    1/3が事業者負担
    2/3が国の補助金です
     
     
    従って資金的に余裕の無い
    中小零細の私達に
    うってつけの制度です
     
     
    ただし特に405事業の場合は
    金融機関との対話が
    非常に大切です
     
     
    複数の金融機関の意向も
    確認しながら衡平な
    金融支援策を練ることが
    求められます
     
     
    ポイントは
    公正、衡平、手続きは透明に
    粘り強く交渉することです
     
     
     
    従って事業を見直したいと
    思ったら金融機関との
    調整に実績のある専門家に
    ご相談ください
     
     
    今日は以上です
     
     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    今年6月9日より
     
    キャッシュフローコーチ養成塾
    広島ファシリテーター講座
    第1期を始めます
    ⬇⬇⬇
     
     
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座を始めました
     
    全6回でほぼマンツーマンで
    実例に関わりながら学べます
     
     
     

    お金の不安解消と
    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

     

    123

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ