• HOME
  • 事業内容
  • 代表プロフィール
  • 会社案内
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • メニューを閉じる
  • 経営改善支援センター事業とは – ビズサポート

    INABA TAKUYA BLOG
    稲葉琢也ブログ

    赤字でも借入ができ、資金繰りが改善する元銀行支店長の秘訣を授けるビズサポートの稲葉琢也

    2018/10/06
    経営改善支援センター事業を利用すると?

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉963
     
     

    今日は台風が接近する

    予報の中で弊社の
     
     
    早期再生コンサルタント養成講座
    第3期生第2回目を開催しました
     
     
    3名の少数密着型の講座ですが
    本日は1名の欠席者があり
    講師の私を含めて3名での
    開催となりました
     
     
     
     
    経営改善支援センター事業を
    活用した早期再生の事例を
    申請から順を追って解説
     
     
     
     
     
    申し込み企業と代表認定支援機関
    ならびにメインバンクの3者の
    印鑑を揃えて申請します
     
     
     
     
    同支援センターが受け付け
    決定通知を出します
    通知書が届いたら
     
     
     
     
    申し込み企業と認定支援機関が
    契約をして計画策定を始めます
     
     
     
    計画は昨日書いたように
    事業と財務に分けて実態を
    把握して計画します
     
     
     
     
    計画の中に金融支援計画を
    盛り込みます
     
     
     
     
    金融支援計画の具体的な中身は
    1 .リスケ(貸出の条件変更)
    2.債務の一本化(実質長期化)
    3.新規融資
    このいずれかを計画に含みます
     
     
     
     
    この計画に対する金融機関の
    同意書を取り付けます
     
     
     
     
    全ての金融機関の同意書が
    整ったら計画は成立します
     
     

    その後は全て金融機関の

    貸出の手続きが完了し
    実務的にも完了します
     
     
    そして3年間のモニタリングを
    行います
    モニタリングは計画に対し
    実績が達成出来ているか?
     
     
     
     
    計画を下回っていると
    原因究明して追加の
    施策を検討します
     
     
     
     
    そのモニタリング結果を
    取引金融機関に報告し
     
     
     
    改善支援センターに対して
    モニタリング費用の支払い
    請求します
     
     
     
    認定支援機関の専門家費用の
    負担は事業者が1/3
    国の補助金が2/3となります
     
     
    今日は以上の通り
    経営改善支援センター事業の
    一通りの流れを説明しました
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業の方向けの
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2018/08/24
    経営改善支援センター事業とは?

     
     
     
     
     

    ビズサポートの稲葉のブログ920

    経営改善支援センター事業とは

    どのようなものか説明します

     

     

     

    この事業は、国の事業です

     

     

     

    金融支援を伴う本格的な

    経営改善の取組みが必要な

    中小企業・小規模事業を対象として、

     

     

     

    認定支援機関が

    経営改善計画をつくるのを支援し

    経営改善の取組みを促すものです

     

     

     

    認定支援機関とは

    経営革新等支援機関

    (認定支援機関)は

     

     

     

    中小企業・小規模事業者が

    安心して経営相談等が受けられるために

     

     

     

    専門知識や、実務経験が

    一定レベル以上の者に対し

    国が認定する公的な支援機関です

     

     

    具体的には、商工会や商工会議所など

    中小企業支援者のほか

    金融機関、税理士、公認会計士

    弁護士等が認定支援機関として

    認定されています

     

     

     

     

    中小企業・小規模事業者が

    認定支援機関に費用支払いが必要な

    経営改善計画策定支援にかかる

     

     

     

    計画策定費用及び

    フォローアップ費用について

    経営改善支援センター(国)が

     

     

     

    3分の2(上限200万円)を

    補助金で負担してくれます

    金融支援計画を含む

    経営改善計画に金融機関の

    同意を得ることについては

     

     

     

    全ての取引金融機関が

    計画に同意して同意書を

    提出することがひつようです

     

     

     

    今回、この事業を使って

    経営改善計画をつくり

     

     

     

    金融機関に金融支援を依頼したところ

     

     

    ある地銀Mの担当の方が

    趣旨を誤解していて

     

     

     

    「このスキームで金融支援をうけたら

    今後の融資が難しくなる」と

    社長さんに話して

     

     

     

     

    やらない方が良いと

    話されました

     

     

     

    こんな方もときどきいますので

    丁寧な説明がとても大事です

     

     

     

    しかし上手く活用すれば

    資金繰りに不安のある

    中小零細事業者には

    有効な方法です

     

     

     

    資金繰りに不安が

    あったら検討してみるのも

    一つの方法です

     

     

    今日は以上です

     
     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
     
    今年6月9日より
    キャッシュフローコーチ養成塾
    広島ファシリテーター講座
    第1期を始めました
    ⬇⬇⬇
     
     
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座もあります
     
    全6回でほぼマンツーマンで学べます
    現在、9月開講の第3期生を募集中です
     
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2018/08/13
    経営改善支援センターの使い方

    お金の不安解消とビジョン実現の
    社外戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチの
    稲葉琢也のブログ909

    今日も午前中は

    あらたな資金繰りのご相談を
    受けました
     
     
    銀行に融資を断られて
    資金繰りに目処がつかない
    お悩みです
     
     
     
    早期経営改善支援センター事業を
    使って再生できないか
    検討しました
     
     
     
    事業の全体像を理解するために
    ヒアリングをしていきます
     
     
     
     
    サービス業なので
    提供するサービスの内容を
    数字を含めてヒアリング
     
     
     
    売上の構造を確認すると
    客数✖️単価✖️利用頻度✖️営業日
     
     
    経費の構造もヒアリング
    最大の経費は人件費
     
     
    持っている資格や技能別に
    給料・社会保険料などを
    確認します
     
     
     
    次に大きな費用である
    家賃を確認しました
     
     
    その他の経費を丁寧に
    聞いていきました
     
     
    それで1カ月あたりの
    利益の見通しがわかりました
     
     
    次に月べつの売上代金の
    入金のタイミングを確認し
     
     
    一方で経費の支払いは
    大半が当月払いです
     
     
    従って
    経費のお金が先にでていき
    売上代金の入金は2か月遅れ
    なので立て替えの資金が
    必要となります
     
     
     
    売上が伸びると更に
    必要金額が増えていく
    構造なのです
     
     
     
     
    その資金繰りのためには
    即効性のある方法としては
    銀行借入となります
     
     
     
     
     
    そのためには計画を
    立てて、資金の必要な理由や
    返済をする源資を説明します
     
     
     
     
     
    しかしその計画づくりには
    専門家費用がかなりかかります
     
     
     
     
     
    そこで冒頭で述べた
    経営改善支援センター事業を
    使って専門家費用の2/3を
    補助金を使うように検討します

    今日のヒアリングで

    ビジネス俯瞰図と
    グループ関係図をつくり
     
     
     
     
    一覧でどんな事業か
    分かるようにします
     
     
     
     
    あとは計数計画をつくり
    あらたな借入や
    既存の借入の返済が
     
     
     
     
    事業のキャッシュフローの
    7〜8割でまかなえるように
    計画します
     
     
     
     
    こんな風にして
    あらたな借入を含む
    経営改善計画を
    支援センター事業を
    活用してつくり
     
     
     
     
    金融機関の支援を
    得ることができます
     
     
     
     
    資金繰りに不安を感じたら
    改善支援センターに
    相談するのも良い方法です
     
     
    今日は以上です
     
     
     
     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    今年6月9日より
    キャッシュフローコーチ養成塾
    広島ファシリテーター講座
    第1期を始めました
    ⬇⬇⬇
     
     
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座もあります
     
    全6回でほぼマンツーマンです
    9月よりの第3期生を募集中です
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2018/06/08
    交渉の行方はどうなるか?

    資金繰り 銀行取引 経営改善の
    キャッシュフローコーチ
    ビズサポートの稲葉琢也のブログ843

    米朝会談が間近かに迫る中

    北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の

    そっくりさんとして知られる
     
     
    オーストラリアのコメディアン
    ハワードX氏が8日
    シンガポールのチャンギ
    国際空港に到着した後
     
     
     
    当局に一時拘束されていた
    (ロイター通信が伝えています)
     
     
     
     
    ちょっとふざけていますが
    それだけ世界の関心が
    米朝会談に向いていると言えます
     
     
     
    会談の行方は全く
    予想がつきませんが
     
    丸反対の考えで、今まで敵対していた
    国同士の交渉ですから
    非常に難しいと思います
     
     
    しかし両国間の落としどころを
    探ることが必要です
     
     
    「調整事」と言うのは
    神経を使う大変な作業です
     
     
     
     
    しっかりとした考えを持ち
    粘り強く交渉しなければ
    なりませんね
     
     
     
     
    しかし交渉や調整は、私達も
    程度の違いはあっても常に必要です
     
    今日は朝から弊社の事務所で
    早期再生養成講座の
    ダブルヘッダーでした
     
     
    朝は第2期生の方
    午後からは第1期生の方でした
     
    どちらの方も経営力向上計画を
    策定して認定支援機関になり
    事業再生に取り組みます
     
     
     
    次に早期経営改善(プレ)事業や
    経営改善支援センター事業(405事業)
    が取り扱い出来るよう学んでいます
     
     
     
    主には中小企業大学校で
    5ヶ月近くかかって学ぶ
    認定支援機関になるための
    コンテンツを凝縮して
     
     
    実際の再生場合で
    よく使うことを中心に
    全6回で学んでいく講座です
     
     
    経営改善支援センター事業
    (405事業)の特徴は
    対象が金融支援の必要な方です
     
     
    金融支援とは
    1借入のリスケ(返済条件の緩和)
    2借り換え融資、一本化など
    3 .新規融資(財務に問題があり
    改善のため必要であること)
     
    この金融支援を受けるための
    3年から5年の改善計画を作り
    金融機関の同意を取り付けます
     
     
    一方早期経営改善計画(プレ)は
    対象が経営を見直したい方です
     
     
     
    金融機関に金融支援を求めないので
    金融機関には、事前相談の受付印と
    完成した計画書の受取書に
    印をもらうだけで、比較的簡単です
     
     
    財務に特段の問題がなくても
    経営者が経営を見直したい場合は
    対象になります
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    どちらも専門家費用の
    1/3が事業者負担
    2/3が国の補助金です
     
     
    従って資金的に余裕の無い
    中小零細の私達に
    うってつけの制度です
     
     
    ただし特に405事業の場合は
    金融機関との対話が
    非常に大切です
     
     
    複数の金融機関の意向も
    確認しながら衡平な
    金融支援策を練ることが
    求められます
     
     
    ポイントは
    公正、衡平、手続きは透明に
    粘り強く交渉することです
     
     
     
    従って事業を見直したいと
    思ったら金融機関との
    調整に実績のある専門家に
    ご相談ください
     
     
    今日は以上です
     
     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    今年6月9日より
     
    キャッシュフローコーチ養成塾
    広島ファシリテーター講座
    第1期を始めます
    ⬇⬇⬇
     
     
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座を始めました
     
    全6回でほぼマンツーマンで
    実例に関わりながら学べます
     
     
     

    お金の不安解消と
    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

     

    2018/06/05
    紀州のドンファン死因判明

    資金繰り 銀行取引 経営改善の
    キャッシュフローコーチ
    ビズサポートの稲葉琢也のブログ842
    紀州のドンファン死因判明
    本人以外には、22歳の妻と
    家政婦の二人しかいない状況で
    死亡した事件
     
     
    あらたに男性の死因は
    本日「急性循環不全」と
    発表されました
     
     
    警察は覚せい剤を注射した
    痕跡はないとしています
     
     
    多量の覚せい剤が体内に
    入った原因が依然として
    不明です
     
     
     
    原因が分からないと言えば
    4月決算のクライアントさんが
    朝一番に我が社を訪ねて
    こられました   
     
     
    個人の注文住宅を
    企画・受注して建築する
    設計建築会社です
     
     
    前期は完成引渡しが4棟で
    1棟が引渡しが今期に
    ずれ込み赤字になったと
    ご相談にお見えになりました
     
     
    詳しく聞いてみると
    赤字の原因が
    よくわかっていません
     
     
    売り上げから原価を
    引いた粗利が経費を
    まかなえていません
     
     
    つまり粗利が
    少なすぎるのです
     
     
     
    社長は「粗利率30%
    で見積もりしている」
    とのことでしたが
     
     
    決算書はまだですが
    11か月の試算表を確認したら
    粗利率(粗利➗売上高)17.5%
    でした
     
     
    そこで4棟について
    1棟ごとの売上高や
    原価(仕入、外注費、労務費)
    粗利率(粗利➗売上高)
    を調べてみることになりました
     
     
    勿論、完成引渡しが
    遅れたもう1棟の
    予定売上と原価
    (仕入、外注費、労務費)
    さらに粗利率も検証します
     
     
    今まで社長さんは
    見積もりの予算で
    粗利率30%と決めただけで
     
     
    管理が出来ていませんでした
    経理は奥さんが、請求通り
    支払いを正確にしていましたが
     
     
    予算に対して支出実績が
    どのようになっているか
    確認していませんでした
     
     
     
     
    今期の計画策定にあたり
    先ずは赤字原因をつかみます
     
     
     
    つぎにその原因を取り除く
    対策を考え計画に
    盛り込みます
     
     
     
     
    最後に、完成した今期の
    計画をベースに金融機関に
    今後の金融支援の
    打ち合わせをします
     
     
     
     
    メインバンクの意向を
    確認した上で、改善計画を
    つくる専門家費用負担を
    軽減するために
     
     
    「経営改善支援センター事業」の
    活用の了解を取り付けます
     
     
     
    当社は、住宅建築の
    セミナーを開催して集客し
     
     
     
    独自の個性的な住宅を
    取得したいお客様を
    獲得する「強み」
    持っていますので
     
     
    業績回復のための
    経営改善計画をつくり
    金融支援を獲得します
     
     
    ポイントは
    赤字原因を分解して
    掴み対策を打つことです
     
     
     
    今日は以上ですが
    皆さん事業が赤字に
    なった場合の参考に
    なったら幸いです
     
     
     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    今年6月9日より
     
    キャッシュフローコーチ養成塾
    広島ファシリテーター講座
    第1期を始めます
    ⬇️⬇️⬇️
     
     
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座を始めました
     
    全6回でほぼマンツーマンで
    学ぶ事ができます
     
     
     

    お金の不安解消と
    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

     

    12

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ