• HOME
  • 事業内容
  • 代表プロフィール
  • 会社案内
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • メニューを閉じる
  • 本業を伸ばす! – ビズサポート

    INABA TAKUYA BLOG
    稲葉琢也ブログ

    赤字でも借入ができ、資金繰りが改善する元銀行支店長の秘訣を授けるビズサポートの稲葉琢也

    2017/11/12
    カネもモノもヒトも無くても勝ち残る

    無駄な物を見て気付いたこと
    いなジィのブログ633
    {B7A0212D-4EFF-4F42-A40B-87B940971F24}
    日曜日の今日は
    朝、広島県知事選挙の投票を
    済ませました
     
     
    一旦帰宅して、次は運転免許の
    更新手続きに来ています
     
     
     
    大勢の人が待っているが
     
     
     
    意外なのは、待っている方が
    スマホを見ていない
     
     
    やはり、スマホをいじってるのは
    若い人だけです
     
     
     
    受付番号から推測すると
    待って居る人が午前中の
    累計で1500人以上
     
     
    1人少なくとも1時間は
    待ち時間があります
     
     
    何か活用出来る方法はないか
    考えていましたが 
    なかなか思い付きません
     
     
     
    気分転換に5階のレストランに
    入って見ましたが
    営業感覚は「0」です
     
     
    先ず、場所が1番人がいる
    1階か2階ではなく5階である
    (多分職員さん向けの食堂)
     
     
    せめて1〜2階に5階のレストランが
    あることを宣伝してあれば良いのに
     
     
     
    ポスター、幟、立て看板くらいは
    欲しいです
     
     
     
    しかし
    エレベーター脇の
    各階の案内ボードに
    表示があるだけ
     
     
     
    さらに5階でエレベーターを
    降りると1番奥まったところに
     
     
     
    小さな看板があり、
    やっと
    辿り着く感じ
     
     
    しかしレストランの席数は
    100席以上です
    {E550134F-B374-442E-8080-D5EACE67A5B7}

    いかにも官の仕事振り

     
     
    莫大な投資をしているが
    採算性は度外視です
     
     
    資産や時間の効率性を
    考える反面教師でした
     
     
    私達中小零細な事業者は
    限られた経営資源
     
     
    「カネ」「ヒト」
     
    「モノ」「情報」
     
    いずれも充分にはありません
     
     
    従って限られた資源を
    効率良く使うことが
    もっとも重要です
     
     
    特に、社長が考え抜くことは
    カネが無くても出来ます
     
     
    更に、社長や社員が手に入れる
    現場での生の情報や
    顧客の声を大切にします
     
     
     
    顧客のお困りごとを
    起点に自社のビジネスを
    考え抜くことです
     
     
     
    あなたの会社ならでは
    他社には真似のできない
    商品・サービスを考えます
     
     
     
    又顧客との信頼関係を
    築くために顧客接点を
    増やす方法を考え
    粘り強く実践します
     
     
     
    竹田陽一先生のハガキに
    よる方法や
     
     
    岡本達彦さんのアンケート
    を使う方法など
     
     
    「カネ」は無くとも
    知恵を出し、手間をかける
    ことは出来ます
     
     
     
    簡単には上手くいかなくても
    日々考えて、試します
     
     
    そうすると必ず
    改善が進みます
     
     
    一緒に考えて見ませんか?
     
     
     
    今日は以上です
     
     
     

    早期再生の仲間を捜しています

     
    私のミッションは
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョンは
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座を始めました
     
    全6回でほぼマンツーマンで
    実例に関わりながら学べます
     
    研修の実習で、受講費以上の
    収入があり、研修中に元が取れます
     
     

    セミナーのご案内

    和仁達也先生の著書

    「コンサルタントの経営数字の教科書」を

    使ったワークショップです。

     

    詳細はこちら☟

    http://www.reservestock.jp/page/event_series/30884

     

     
    お金の不安を解消し
    ビジョン実現をサポートする
    社外の戦略ブレイン
    キャッシュフローコーチ
    いなジィこと稲葉琢也
     

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

     
     

    お気軽にご相談ください
    ダウンダウンダウン
    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217
    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

    2017/08/03
    事業に必要な情報を入手し不要な情報はすてる

    どんな情報を入手するべきか?
    いなジィのブログ532
    o0480036013996905934

    広島経済同友会の

    創業支援委員会です
    (株)FFGベンチャービジネスパートナーズ
    マネージング・ディレクター
    山口泰久さんの卓話
    1986年、日本開発銀行
    (現在の日本投資銀行)に入行し
     
    2015年DBJキャピタル
    取締役マネージング・ディレクター
     
    2017年
    (株)FFGベンチャービジネスパートナー
    マネージングディレクターに就任
     
    海外や国内の先進的で
    上手くいっている事例を
    盛りだくさんにご紹介頂きました
     
     
    良いところは(TTP)徹底的に
    パクろうと聞きました
     
    勉強熱心な社長さんは
    こんな風に新たな情報を
    たくさん仕入れていらっしゃいます
     
     
    素晴らしい努力です
    その熱心さに頭が下がります
     
    しかし
    昨今のインターネットの発達で
    情報は爆発的に増えており
     
     
    単純に新しい情報を
    手に入れるだけなら
     
     
    あえてリアルにお会いして
    聞く必要もありません
     
    webで検索しさえすれば
    いくらでも最新の情報が取れます
     
    なので
     
    自分が知らなかったことを
    聞いて知っただけで
    満足してはいけません
     
     
     
    自分にとって本当に必要な情報を
    選択して取り入れる
     
    逆に言うと
     
    不要な情報は捨てることが
    必要だと考えます
     
     
    では何が必要な情報で
    必要でない情報が何か?
     
     
    ビジネスで必要な事は次の
    3つの質問に関係があることか否か
    です
     
     
    1.自分がどんなお客様を
    ビジネスの相手にするか?
     
    2.その相手があなたと
    関わることによって手に入れる
    価値や未来は何なのか?
     
     
     
    3.そのビジネスモデルは
    どこがキャッシュポイントで
    ビジネスとして継続的に
    発展できるか?
     
     
    最低この3つの質問に
    関係する情報か否か
    ということをしっかり
    考えることが必要です
     
    それ以外は雑学として
    知りたいなら否定しませんが
     
    「自社のビジネスに活かそう」
     
     
    「少しでも事業のヒントを得よう」
     
     
    そう思い参加するなら
     
     
    想像力、妄想力を逞しくして
     
     
    自社のビジネスとの関係を
    見つけるという強い思いを
    持ちたいですね
     
     
    私は動画を配信して居ますが
    私が伝えたい相手は
    「資金繰りが厳しい方」
    「事業の先行きが不安な方」
    です
     
    その方に少しでもヒントになれば
    良いと考えて配信しています
     
    本日はこちら
    ダウンダウンダウン
     
     
     
     
     
    こちらも資金繰りが余裕の方には
    不要な情報かも知れませんね
     
    しかし
     
    資金繰りが苦しい方には
    一つ一つお知らせします
     
    今日は以上ですバイバイ
     
     
    私のミッションは
    「お金で不幸になる人を
    無くす」
     
     
    ビジョンは
     
    「早期再生で広島を日本一、
    チャンスの多い県にする」
     
    こんなビジョンを立てました
     
    共感して
    一緒に働きたい方や
    一緒に早期再生をやってみたい方を
    募集しています
     
     
     経験は無くても意欲のある方
    一緒にやってみませんか?
     
     
     
    お金の不安を解消し
    ビジョン実現をサポートする
    社外の戦略ブレイン
     
    ココをクリック右矢印ビズサポート
     
    キャッシュフローコーチ
    いなジィこと稲葉琢也
    o0480036013747442276
    初めての方はこちら
    ダウンダウンダウンダウンダウン
     
    にお尋ね下さい
     
    初めての方に朗報です
    初回相談は30分まで無料です
    お気軽に
    お問い合わせフォームか
    下記の電話にご連絡ください
     
    ダウンダウンダウン
    会社☎︎ 082-548-2862
    fax  082-548-3170
    携帯 090-6402-4217
    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com
     
     
     
     

    2017/06/30
    売上が毎年毎年さがり、資金繰りが厳しい

    業績不振の挽回方法 
    いなジィのブログ499
    {65338BF1-335E-4D5A-8A35-0E9BE89B4D30}

    今日もお困り企業さんの相談が
    複数ありました


    売り上げの減少が止まらない
    毎年、毎年、売り上げが
    減少していて
    原価も下げることができず
    粗利がだんだん少なくなっています



    粗利=売上ー原価

    給料の削減など経費削減も
    限界にきており固定費が
    粗利を上回りだしてます
    粗利<固定費
    毎月固定的に出て行く
    経費を固定費といいます
    固定費は粗利の中からしか
    払えません
    社長はだんだん
    どうして良いか
    分からなくなっていました
    {FDC8C313-A785-4F22-921C-2986E0676EB6}

    勿論経費削減は避けることが

    出来ませんが、
    以前給料をカットした時は
    モチベーションが下がって
    しまいました
    今回は、社員の給料に
    手をつける訳にはいきません。
    そこで原点に帰って考えて
    みることにしました
    SWOT分析の枠組みを
    使いもう一度
    {4016567C-389F-470A-A3CD-1191DFB6F89D}
    自社の強みを中心に
    整理してみることにしました
    そんなやり方は
    こちらダウンダウンダウンダウン
    https://www.youtube.com/watch?v=628FN1Usu_o&feature=share
    自社の強みがよくわからない


    もしくは

    もっと強かったんだけど
    いつの間にか埋没してしまって
    競争に負け始めている


    環境変化が起きて一体全体
    どうしていいのかわからない


    挽回を図るには
    一旦全体を見直してみる


    その会社は幹部社員で
    考えてみることにしました


    勿論固定費を削減し


    粗利を増やす方策を
    考えることも重要です


    財務の観点からと

    事業の観点から


    両方から考えてみましょう

    意外な盲点に
    気付きますよ

     
    お金の不安を解消し
    ビジョン実現をサポートする
    社外の戦略ブレイン
     
    ココをクリック右矢印ビズサポート
     
    キャッシュフローコーチ
    いなジィこと稲葉琢也
    {AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}
    初めての方はこちら
    ダウンダウンダウンダウンダウン
     
    にお尋ね下さい

    初めての方に朗報です
    初回相談は30まで無料です
    お気軽に
    お問い合わせフォームか
    下記の電話にご連絡ください
     
    ダウンダウンダウン
    会社☎︎ 082-548-2862
    fax  082-548-3170
    携帯 090-6402-4217
    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com



     

    2017/06/10
    無名なスモールビジネスのチャンスの掴みかた

    恥かいても必死でアピールする 
    いなジィのブログ479
    {0BC101FF-B0F7-44F9-9FD2-B39C865032E8}

    先日ブログのお師匠さんのご好意で

     
    ラジオ収録に行ってきました
     
    自称アホ社長再生プロモーターの
     
    板坂裕治郎さんの番組
    {21EB46B8-67CE-4BE0-BFA6-E0ABE37ADE05}

    向かって左は土手かなこさん

     
    真ん中が
    私、「いなジィ」こと稲葉琢也
     
     
    右手が裕治郎師匠さん
     
     
    裕治郎のダメダメ経営者改造計画
     
     
    収録でした
     
     
    ではなぜ
     
     
    私がラジオ番組に出る決意を
    したのかといいますと
     
    不細工な爺でもラジオなら
    顔が分からんから
     
    ではありません
     
     
    私が何をする人か知っている人が
    ほとんどいない事が出発点です。
     
    毎日ブログも本日で479日目
     
     
    少しは「いなジィ」がいるということを
    知った人もいるかもしれません
     
    しかし
     
     
    まだまだ世の中的には全く無名なんです
     
    これは皆さんにも参考になると思います
     
    私は金融機関に37年勤めて
     
    その経験を活かし、
    「お金で不幸になる人をなくしたい」
    と強く思うようになり
     
    60歳で(株)ビズサポートを創業し
    お金や銀行取引でお困りの
    中小企業の改善計画を作り
    資金繰りを安定させる
    仕事をしています
     
     
    創業後2年経ちましたが
    まだまだ私のことを知っている人は
    ほんのひと握りです
     
    全く無名です!
     
     
    ではこの無名でマイナーな私が
    なんとかここにいるぞ
     
    こんな仕事をしているぞ
     
    と表現し
     
    1人でも多くお困りの方のお役に立つには
    知って貰うことが必要なんです
     
     
    そして1人でも多くの方の
     
    お金や銀行取引の困り事に
    応えて初めて
     
    私が会社を創業した思いが
    達成することができると考えています
     
     
    したがって
     
    先日のセミコン広島出場も
    {A98CF21F-C3E4-4678-9889-599950073D37}
     
    自分を表現する手段を
    磨きに行きました
     
    また先日来
     
    毎日YouTubeで
    動画をアップしていますが
     ⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

    https://youtu.be/Vciuv2ntI6c

     

     
    これも1人でも多くの方に知
    ってもらいたいと考えるからです
     
    当然毎日ブログも続けて書いています
     
    皆さんも組織で勤めていて
    独立、創業したら
     
     
    なんとしても
     
    最初の1年2年3年の間に
     
    自分をアピールしてお客様を見つけて
    売り上げを上げることが必要なんです
     
    必死でここにいるぞと
    アピールをしてしないと
     
     
    スモールビジネスは生き残ることが
    できないと考えています
     
    私はコンサルだから
     
     
    そんなスモールビジネスの方の成功も
    お手伝いするために、
     
     
     
    自らそれを実証しようとしています。
     
     
    こうして私のチャレンジの最中で
    得たノウハウを
     
     
     
    少しでもクライアントの
    皆さんにお返しできたら幸です。
     
    したがって
     
     
    スモールビジネスを立ち上げよう
     
     
    既に創業したもののパッとしない方は
    どうぞ遠慮なく声をかけてください
     
     
    お金の不安を解消し
    ビジョン実現をサポートする
    社外の戦略ブレイン
     
    ココをクリック右矢印ビズサポート
     
    キャッシュフローコーチ
    いなジィこと稲葉琢也
    {AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}
    初めての方はこちら
    ダウンダウンダウンダウンダウン
     
    にお尋ね下さい
     
    初めての方に朗報です
    初回相談は30まで無料です
    お気軽に
    お問い合わせフォームか
    下記の電話にご連絡ください
     
    ダウンダウンダウン
    会社☎︎ 082-548-2862
    fax  082-548-3170
    携帯 090-6402-4217
    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com
     
     
     
     

    2017/01/06
    資金繰りなどお金の呪縛から解放されると

    足枷を外してもなかなか
    前に進めない
    いなジィのブログ323
    {641252B1-519E-467E-A71E-28376E67712F}

    クライントの

    経営改善支援センター事業を
    活用した、経営改善計画を
    金融機関に提示していましたが
    今回、全行の同意が整い
    {AD9A3960-E47D-4E4D-BFB1-DE6B8BE54F40}
    計画が成立しました
    これまで社長さんは
    借入の返済というお金の悩み
    {1E41B8F2-E277-43EE-9AFE-DE5DAD505571}
    から解放されました
    事業の改善について前向きに
    考えることが出来るように
    なりました
    今までは社員が頑張って
    利益が増えても
    金融機関借入の返済が優先で
    金融機関にお伺いを立てて
    許可が出ないと
    ボーナスを増やすことも
    儘ならない状況が長く
    続いていた為に
    社長さんも社員も
    ボーナスや昇給で
    モチベーションを上げ
    更に前向きになる方法を
    検討しようとしても
    なかなか前向きな
    発想になれません
    新たな事業投資についても
    なかなか前向きな
    決断が出来ません
    経営幹部でシッカリ話し合い
    前向きな考え方を定着させます
    お金の不安は
    こんなに足枷になるのです
    早目にお金の不安を
    解消して積極的に
    事業に専念出来るように
    しましょう

    お金の不安を解消しビジョン実現を

    サポートする社外の戦略ブレイン

    ココをクリック右矢印ビズサポート

    いなジィこと稲葉琢也
    {AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}


    初めての方はこちら
    ダウンダウンダウンダウンダウン

    にお尋ね下さい

    初回相談は無料です
    お気軽のHPのお問い合わせ
    フォームか下記の電話に
    ご連絡ください

    ダウンダウンダウン
    082-548-2862

    12

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ