• HOME
  • 事業内容
  • 代表プロフィール
  • 会社案内
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • メニューを閉じる
  • 銀行取引対策 – ビズサポート

    INABA TAKUYA BLOG
    稲葉琢也ブログ

    赤字でも借入ができ、資金繰りが改善する元銀行支店長の秘訣を授けるビズサポートの稲葉琢也

    2019/02/04
    銀行から気持ちよくお金を借りる本

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1018
     
     
    昨日読んだ本は
    独立開業から事業を軌道に
    乗せるまで
    「賢い融資受け方35の秘訣」
     
    著者は田原広一氏
    自身も起業3年で8200万円の
    借り入れに成功した
    資金調達アドバイザーが指南する
     
     
    事業拡大を目指す社長が
    絶対に知っておくべき
    借り入れのノウハウ本です
     
     
     
    本にも書いてありますが
    日本の中小企業は
     
     
     
    中小企業庁のデータを参照すると
    平均して1年で約3割が廃業
     
     
     
    3〜5年で4〜6割が廃業に
    追い込まれている実態が
    明らかにされています
     
     
     
     
    つまり夢を抱き相応の資金と
    時間をかけて事業を立ち上げた
    にもかかわらず
     
     
     
    3年で約半分の
    会社が倒産してしまうのです
     
     
    なぜ中小企業や個人事業主が
    倒産しやすいのでしょうか?
     
     
     
    理由は様々ですが
    小規模の事業の場合は
    比較的シンプルで
    突き詰めていくと原因は1つです
     
     
     
    「お金がなくなる」と会社は
    潰れるのです
     
     
     
     
     
     
     
     
    赤字だから潰れるのではなく
    赤字でも資金を持っていれば
    潰れません
    黒字でもお金が無くなると
    潰れます
     
     
     
    そのためには借入を
    上手に活用することが
    必要なのです
     
     
     
     
    しかし上手くいかない
    理由があります
     
     
     
     
    1、借入を良くないことや
         悪いことと思い込んでいる
     
     
     
    出来るだけ借入を少なく
    出来れば無借金でいこうとする
     
     
     
     
    借入するのは必要になってから
    と考える方が多い
     
     
     
     
    そして無理をして経営し
    資金が足りなくなりはじめて
     
     
    切羽詰まって借入をしようと
    します
     
     
     
     
    2、銀行は切羽詰まってから
        借入を申し込みしても
     貸してはくれません
     
     
     
    従って創業時に6ヶ月間は
    売上が上がらないことを
    想定しておくことが必要です
     
     
    だから6ヶ月は売上が無くても
    支払いが出来るように
    手持ちのお金を確保します
     
     
     
     
     
    もちろん、すべての手持ち資金を
    自力で確保するのは難しい
     
     
     
    銀行借入で初期の資金を
    充分に調達するための
    35のポイントをこの本で
    学ぶことができます
     
     
    例えば
    秘訣1
    融資を受ける最大のチャンスは”創業前”
     
     
     
    秘訣2
    創業融資の審査は「自己資金×経験値」
     
     
     
    秘訣3
    正しい自己資金とそうではない
    自己資金の違いを知る
     
     
     
    あとはネタバレするので
    本をお読みください
     
     
     
     
    もちろん、本を読んで自分で
    理解して、対策を打てる人は
    それで良いのですが
     
     
    1人では上手くいかない
    方の方が多いのです
     
     
     
     
    そんな時には専門家の
    知恵を借りることです
     
     
    その際に
     
     
    専門家費用がもったいないと
    考えるのは
     
     
    借入が必要な時に
    金利がもったい無いから
    借入しないと考える
    のと同じことですね
     
     
    お金の専門家
    に相談してみてください
     
     
    全国で450名以上の
    キャッシュフローコーチが
    活躍しています
     
     
    又こんなお金の専門家を目指し
     
     
     
     是非一緒に経営者の
    お金の悩みを解消する
    パートナー型コンサルタントに
    なりましょう
     
     
    今日は以上です。
     
     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
     
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
     
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/01/30
    借入は善 資金繰りの肝は借入

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉ブログ1016
     
     
    今日の本はこちらです
     
     
     
    元銀行員の資金繰り
    コンサルタント
    小堺 桂悦郎さんが書いた
     
     
     
    「銀行員は決算書のココをみる!
     
     
     
    サブタイトルは
     
     
    「お金を借り続けるための
    裏経営学シリーズ」
     
     
    世の中には
    「決算書の見方」と言った本は
    いろいろ出版されてますが
     
     
     
    銀行がどこをみて融資を
    判断しているのか分かる本は少ない
     
     
     
     
     分かれば自社は銀行からみて
    融資可能なのかが判断できます
     
     
     
     
    先日資金繰りのキモは借入と
    ブログに書きましたが
     
     
     
    その借入を上手に活用するには
    銀行の見方を知ることが重要です
     
     
     
    しかし銀行員の説明は分かり難い
    気軽に聞きずらい
    このような声をよく聞きます
     
     
     
    例えば
    よく銀行に依頼される
    「決算書一式」とは何と何か?
     
     
     
    又、赤字でも借入が
    出来る方法は具体的には?
     
     
     
     
    債務超過でも借入できる?
     
     
    ちなみに債務超過とは
     
     
    債務超過とは全ての資産を
    全ての負債が上回っている状態
     
    全ての資産を売却しても
    負債が払いきれない状態です
     
     
    従って新規の借入を申込しても
    通常は銀行に門前払いされます
     
     
     
     
    そうならない為には
    早めに準備することが必要です
     
     
     
     
    そんなアドバイスをしてくれるのは
     
     
     
    儲かっているのにお金がない」
    こんな不安を抱えている方は
    是非、ご相談してみてください
     
     
    又、キャッシュフローコーチに
    興味がある、なりたい方は
    こちらへ
     
     
     
     
    今日は資金繰りに影響の強い
    銀行借入に関する本でした
    参考になれば幸いです
     
     
     
     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を現在募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/01/27
    銀行に嫌われる会社好かれる会社

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉1016
     
     

    今日の本は鈴木みささんの

    「銀行に好かれる会社、
    嫌われる会社」
     
     
    私は普段から資金繰りに
    不安のある社長さんの
    相談にのり、
     
     
    お金の不安を
    解消するお手伝いをしています
     
     
    資金繰り改善の方法は
    何通りもありますが
     
     
    もっとも効果が早くて
    大きいのは借入です
     
     
    資金繰りが苦しくなったら
    借入さえできれば
    一旦資金は確保されます
     
     
    又既に借入が多くて
    新たな借入が難しい場合は
    返済額を減らすか
    返済をストップして
    もらいます
     
     
     
     
    しかしいずれの場合も
    銀行の同意を得ないと
    出来ません
     
     
    同意を得るには
    今後どのように経営をして
    どう返済をするか
     
     
     
    計画書や資金繰り表の
    提出することを求められます
     
     
    こうした銀行とのやりとりが
    スムーズに進むことが必要です
     
     
     
    したがって、いかに
    銀行と付き合うのかが
    資金繰りを安定させる
    大切なポイントです
     
     
    そんな銀行との付き合い方を
    この本は分かりやすく
    書いてあります
     
     
    銀行に嫌われる会社の
    共通点として
     
     
    1 求めた資料が
       すぐ提出されない
     
    2  融資の目的、金額が
        明解でない
     
     
    3  社長が自社の決算書や
         試算表の内容を説明できない
     
     
    4  経理担当者が経理に
         精通していない
     
     
    5  会社としての長期的目標や
         方向性が明解でない
     
     
    6  高齢社長の後継者が
         定まっていない
     
     
    7  社内全体が乱雑で
        従業員に覇気がない
     
     
     
    こんな記述がありました
    私がかかわっている会社も
    当てはまります
     
     
     
    昨年末から急遽たのまれ
    支援している企業様では
     
     
    契約していたコンサルタントが
    金融機関とケンカ腰で交渉して
    関係性が悪化していました
     
     
     
    先ずは、金融機関に出向き
    話をよく聞いて依頼された
    資料を早く提出します
     
     
     
    又途中経過をどこの
    金融機関にも同じように
    出来るだけこまめに
    報告します
     
     
     
     
    要するに担当者や支店が
    本部に稟議書を書きやすく
    早めに資料を出し説明します
     
     
     
     
    つまり正しい現状を
    分かりやすく伝えて
    今後どのように
    経営しようとしているか
     
     
     
     
    金融機関に理解して
    もらう努力を続けます
     
     
     
     
    自社で良い関係が
    築いている方は問題ないが
     
     
     
    上手くいってない方は
    専門家のサポートを受けて
    みませんか?
     
     
     
     
    良い専門家をお探しの方は
    こちらへ⬇︎⬇︎⬇︎
     
     
     
    今日は以上です
     
     
     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
     
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
     
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2018/11/05
    リスケの交渉で難航した事例

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉
     
     
     
    今日は経営改善計画を
    金融機関に提示して
    同意を求めていた企業
    2社の同意が整いました
     
     
    一社はメインバンクの支援姿勢が
    曖昧で二転三転して、合意が
    長引きました
     
    貸し出し残高の少ない
    下位金融機関は早めに同意書を
    提出してくれたにもかかわらず
     
     
    メインバンクが公平性を
    強く求めた為に、
     
     
    プロラタ(シェア割)返済に
    なり、やっと全金融機関が
    同意しました
     
     
     
    元々、メインバンクは
    圧倒的なシェアで長期資金は
    20年超の返済でした
     
     
    その他の金融機関は
    融資を10年〜15年に
    借り換えすれば
     
     
    改善計画で見込んだ
    計画キャッシュフローで
    返済可能な計画でした
     
     
     
     
     
    通常であればメインが
    下位金融機関の同意を
    得る為に
     
     
    多少不利でも譲歩する場合が
    多いのですが
     
     
    しかし、メインバンクは
    返済額が公平になるよう
    要求してきました
     
     
     元々、20年超の長期で
    貸出しているので
    他の金融機関に比べて
    返済額が少ないのは当然
    なのですが、
     
     
    返済が公平に
    なるよう要求したのです
     
     
    その結果のプロラタ(シェア割)
    返済することなりました
     
     
    従って今月まで毎月
    返済を実行していましたが
    11月分より返済を停止します
     
     
     
     
    次回決算期の後で決算書が
    できる2カ月経過し確定した
    決算に基づいたキャッシュフロー
    の8割程度の返済を実施します
     
     
    これでやっと対象企業の
    資金繰りは落ち着き前に
    進むことになりました
     
     
    こんな案件ですと
    経験もあり金融機関の
    調整が出来る専門家に
    相談する他ありません
     
     
    知り合いでお困りの方に
    伝えてあげて下さい
     
     
     
    今日は以上です
     
     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2018/10/19
    バンクミーティングでの意見調整は

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログNO.974
     
     
     
    今日は朝から自家用車で
    バンクミーティングの為に
    県北の町まででかけました
    今日のバンクミーティングは
    約1年前から
    経営改善計画策定支援事業を
    行っている先です
     
     
    計画を提示して
    金融支援策について
    融資残高が少ない2行と
    広島県信用保証協会が
    既に同意書を提出しています
     
     
     
     
    メイン金融機関とサブの銀行が
    返済のシェアの公平を要求し
    まだ同意が整っていないために
     
     
     
     
    取引の金融機関すべての
    合意を取り付けるために
     
     
     
    メインバンクの会議室を
    借りて朝10時から
    バンクミーティングを
    行いました
     
     
     
     
     
    趣旨は返済条件を(返済シェア)が
    公平であることを
    メインサブが求めたため
     
     
     
    今まで何通りかのメインバンクが
    厚め支援をすることで
    他の金融機関は長期の
    借換するプランを断念して
     
     
     
     
     
    総債権残高プロラタ返済の
    最終案を提示したものです
    総債権残高シェアに応じた
    プロラタ返済を行います
     
     
     
     
    プロラタ返済とは
    複数の金融機関から借入を
    行っている場合に
     
    返済額を借入額の
    割合に応じて配分する
    といった方式を指す語
     
     
     プロラタ」は比例的に
    配分するという意味の語
     
     
     
     
     

    従って適用金利についても

    今まで各行バラバラでしたが
    今回は全行同一の金利に
    引き下げます
     
     
     
    各金融機関が持ち帰り
    稟議を書き同意するのを
    待ちます
     
     
    金融機関同意は
    メインがある程度
    支援的ならまとまりやすい
     
     
     
     
    メインが支援的でないなら
    各行公平であれば
    比較的まとまりやすい
     
     
     
     
    まとめる為には各金融機関の
    意向を丁寧に聞いて
    調整を続けることが
    必要なことなのです
     
     
     
    今日は以上です
    参考になれば幸いです
     
     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
     
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ