• HOME
  • 事業内容
  • 代表プロフィール
  • 会社案内
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • メニューを閉じる
  • 銀行取引対策 – ビズサポート

    INABA TAKUYA BLOG
    稲葉琢也ブログ

    赤字でも借入ができ、資金繰りが改善する元銀行支店長の秘訣を授けるビズサポートの稲葉琢也

    2017/11/24
    金融庁の変化で銀行取引が要注意です。

    中小零細企業は
    何をすれば良いか?
    キャッシュフローコーチ
    ビズサポート稲葉のブログ644
     
    {BEF932AB-BD42-4C23-B1A1-6F3339CF423A}

    ニッキンの記事から

     
     
    金融庁は10月から本業利益が
    実質赤字の地域銀行に対し
    立ち入り検査を始めた
     
     
    数年後には自己資本を
    食いつぶすことを心配し
     
     
    健全性に問題が生じてない段階で
    銀行経営にメスを入れる
     
     
    異例の措置には
    当局の強い危機感が透けて見える
     
    有価証券の益出しを除いた
    2017年3月期の本業の利益は、
     
     
    地域銀行の半数超の54行が
    赤字であり、金融庁は
    5年後には約7割になると試算
     
     
     
    少子高齢化やマイナス金利の影響です
     
     
    今後、地域で2番手以下の
    金融機関は今後
     
     
    業績が低迷すれば
    当局の検査を受け
     
     
    単独での生き残りが
    困難な場合には
     
     
    統合の可能性もあります
     
     
    こんな変化が予想される場合に
     
     
    私達中小零細企業が
    どのように備えたらよいか?
     
     
    金融機関が統合し取引の
    窓口が減少するリスクを
    回避するには
     
     
    金融機関の取引を前もって
    考えておくことが必要
     
     
    どうすれば良いか?
     
     
    金融機関は政府系は
    日本政策金融公庫等
     
     
    民間金融機関は規模により
     
    メガバンク
    地銀(旧地銀)
    地銀(旧第2地銀)
     
    信用金庫
    信用組合
    以上のなかから
     
    政府系➕民間金融機関2つ以上
     
     
    最低3つの金融機関と
    取引をしておいた方が良い
     
     
    この辺り銀行取引のコツは
    こちらをクリックして下さい
    ⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
     

    事業再生を実践で学び一緒にやりませんか?

     

    今日は以上ですバイバイ

     
     
    私のミッションは
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョンは
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座を始めました
     
    全6回でほぼマンツーマンで
    実例に関わりながら学べます
     
    研修の実習で、受講費以上の
    収入があり、研修中に元が取れます
     
     
     お金の不安解消と
    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也
     

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

     
     

    お気軽にご相談ください
    ダウンダウンダウン
    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217
    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

    2017/11/20
    銀行取引は陸王に学べ

     
    キャッシュフローコーチ
    ビズサポートの稲葉のブログ641
     
    {4EBD9FE4-E700-489F-B915-BB081E0671E5}

    昨晩も書きましたが
    日曜日の夜は陸王を観ます
     
    {17C903EF-BF3B-49B7-B39C-D5761F6EB1CA}
     
    私が関わっている
    中小零細企業に似ている点が
    多々あって気づきを
    得ることが多いからです
     
    更に毎回、資金繰りに苦しむ
    こはぜ屋が銀行の担当者と
    やり取りする場面が有ります
     
     
    昨日は2つありました
     
    新たなソール素材
    シルクレイを使った地下足袋の
    新製品「足軽大将」が完成
     
    2,000足の発注が入りました
    新商品の売れ行きは好調で
     
     
    5,000足の増産計画を考え
    銀行に運転資金の
    借り入れの申し込みをします
     
     
     
    しかし銀行の担当者はいつものこの人
    {CCDA5B3A-1BD1-4256-A5D7-0C027EAD68CA}
    大橋課長です、いつもは厳しいのですが
     
    たび屋が地下足袋を
    製造することには理解を示し
    支店長に掛け合います
     
     
    支店長はたび屋が
    斜陽産業であることを
    理由にネガティブな
    見方をしています
     
     
     
     
    担当者は工場を観に来ますが
    製造装置の不具合が原因で
    納期ギリギリの状態でした
     
     
     
    しかしそこでこはぜ屋の
    品質へのこだわりや諦めない
    社長や社員など現場を確認して
     
     
     
    3000万円満額は出来ないが
    2000万円の6か月の融資を
    出せるようにしてくれます
     
     
    更に、陸王のアッパー素材に
    最適な生地を作っている
     
     
    ベンチャー企業を紹介して
    くれたのです
     
     

    TVドラマですが

    学ぶことがあります
     
     
     
    1つは、銀行は情実では貸さない
    しかし、返済が確信できれば
    貸すということ
     
     
     
    又、実地を確認する融資マンは
    ある意味で優秀で熱心です
     
     
     
    好き嫌いや印象などで
    間違った思い込みや
    感情的になるのは
    間違った対応です
     
     
     
    私達中小零細企業は
    銀行に、自社の強みや実態を
    正しく伝えて、必要な資金を
    スムーズに融資して貰うべきです
     
     
     
    場合によっては銀行員に
    自社の現場を案内して
    説明するような対応も
    必要なのです
     
     
    銀行員はある面プライドが
    高い人が多いので
    上手く伝える努力を
    惜しまないことです
     
     
    又銀行は取引先の情報を
    沢山持っており
    取引先を紹介してもらう
    ことも可能です
     
     
    従って上手に付き合って
    損はありません
     
     
     
     
    今日は以上です
     
     

    事業再生の仲間を捜しています

     
     
    私のミッションは
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョンは
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座を始めました
     
    全6回でほぼマンツーマンで
    実例に関わりながら学べます
     
    研修の実習で、受講費以上の
    収入があり、研修中に元が取れます
     
     講座の案内はこちらをクリックしてください
    ⇩⇩⇩
     
     
     
    お金の不安解消と
    ビジョン実現の戦略ブレーン
    ㈱ビズサポートの稲葉琢也
     

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

     
     

    お気軽にご相談ください
    ダウンダウンダウン
    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217
    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

    2017/11/15
    相手が考えていることを知り自分を見直したら

    銀行員に聞いて気付いたこと
    いなジィのブログ636
    {D5D32A85-9430-46E0-8B99-3B6FA8223479}

    {7C343422-43B6-45A5-84AA-6B7F041E897B}
    一昨日、後輩の銀行支店長に
    話を聞きました
     
     
    支店長は部下を育てるために
    出来るだけ担当者と一緒に
    取引先企業を訪問したいと
    考えていました
     
     
    中小企業の社長さんと
    対話をして事業についての
    深い理解をしようとしています
     
     
     
    しかし、担当者は多忙で
    なかなか一緒に訪問しようと
    しないので、支店長が指名して
    一緒に訪問して
     
     
    「やって見せるように
    している」とのこと
     
    まさに山本五十六
    {A71C2C8F-6D91-4D9D-86DB-635A935C4E69}

    一方で別の支店の若手の

    法人担当になって間のない人に
    聞いてみると
     
     
    担当先の中小企業の2/3は
    赤字企業で、融資の話を
    したくても
     
    「これ以上貸せない」と
    融資責任者に言われ
     
     
    「融資を提案出来る先が
    無くて困っている」とのこと
     
     
    しかし中小企業の社長さんは
    資金繰りに困っている方も
    沢山いる
     
     
    ではどうすれば良いのか?
     
     
    まず、実態がどうか?
     
    損益計算書PLをざっとみると
    {FDBC4D68-ADDA-4B16-82B9-4E93B1A23978}
     
     
     
    具体的には赤字といっても
    本業が粗利段階で赤字なのか?
     
     
    営業利益が赤字なのか?
     
    例えば
     
    役員報酬を取りすぎで
    赤字だが実態は儲かっている
     
    節税対策のやり過ぎ
     
    その他いろいろ原因がある
     
     
    更に債務超過だから
    融資出来ないと言っていても
     

    債務超過って何?

    下の右図のとおり貸借対照表

    (右側合計と左側合計が一致するので

    バランスシートと言い略してBS)

    で資産より負債が上回った状態を言います

     
    {DAF771F5-B5E3-4519-8E24-033FF2564D57}
     
     
     
    経営者の個人資産や
    会社への貸付金を加味すると
     
     
    実質的には債務超過では
    なかったり
     
     
    事業も回復傾向にあり
    黒字が見込まれ債務超過も
    1年か2年で解消できる
     
     
    こんなケースもあります
     
     
    従って銀行員は中小企業の
    実態をよく把握することが
    大事です
     
     
    一方で企業側は銀行がどこを
    注意して見るのかを理解して
     
     
    実態を正確に伝えることが
    必要ですね
     
     
    特に過去の決算が
    芳しくない場合は
     
     
    これからどのように挽回するのか
    銀行に理解してもらう努力が
    必要です
     
     
    しかし、1人では
    どうして良いか分からない
    こんな方も多いので
     
     
    そんな時には専門家に
    相談してみるのもアリですよ
     
    やはり
     
    「餅は餅屋」です
     
    簡単に諦めずに
    あらゆる手を尽くしてみましょう
     
     
    今日は以上です
     
     
     

    早期再生に関心のある方を求む

     

     
    私のミッションは
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョンは
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    又、中小企業診断士向けの
    早期再生養成講座を始めました
     
    全6回でほぼマンツーマンで
    実例に関わりながら学べます
     
    研修の実習で、受講費以上の
    収入があり、研修中に元が取れます
     
     
    中小企業診断士の方で
    早期再生に取り組んでみようと
    思った方はご連絡ください
     
     
    未経験者大歓迎です
     
     
     
     
    本文が入ります。本文が入ります。

    セミナーのご案内

     

    http://www.reservestock.jp/page/event_series/30884

    お金の不安を解消し
    ビジョン実現をサポートする
    社外の戦略ブレイン
    キャッシュフローコーチ
    いなジィこと稲葉琢也
     

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

     
     

    お気軽にご相談ください
    ダウンダウンダウン
    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217
    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

    2017/09/12
    金融庁の変化と銀行の変化への対策

    地方銀行の変化は?

     
    今日の日経新聞の記事で
    金融庁の調査によって
    地方銀行の実態が報じられた
     
     
    地方銀行が取引先に
    融資をする際
     
     
    担保や保証人に強く
    依存していることが
     
     
    金融庁の調査で
    浮かび上がった

    債務者区分が良くない取引先ほど
    訪問回数が少なく相談に
    乗っていないことも判明
     
     
     
    9月12公表する
    「金融レポート」に
    調査した内容を盛り込み
     
     
     
     
    企業の将来性を基にした
    事業性評価融資を実行するように
    メッセージを促す
     
     
    金融レポートは昨年秋に公表した
    金融行政方針の進捗状況や
    実績を評価するもので
     
     
    1年間の金融行政の成果や
    金融市場の分析などを振り返える
     
    中小企業との取引の改善を
    優先課題に掲げる金融庁は
     
     
    今回のレポートにも多くの
    地方金融機関の現状
    と課題を報告する
     
    金融庁は企業の声を
    金融行政に反映するため
     
     
    地方銀行と取引のある
    約30,000社の中小企業に
     
     
     
    アンケート調査を実施し
    9,000社から回答を得た。
     
    企業が担保や保証がないと
    お金を貸してくれないと
    感じている割合は
     
    正常先で43%にとどまる
    一方要注意先以下では
    54%に上った。
     
     
    信用保証協会の保証を
    利用しているのは 
     
     
    正常先では実際に16%だが
    要注意先以下では70%に達する
     
     
    先日金融検査マニュアルの廃止の
    見通しが報じられたのですが
     
     
    3期目の森長官の改革も
     
    {7AABE423-FBBD-473A-BC3B-1D594DE5929B}
     
    まだまだ金融機関に
    浸透するには時間が
    かかっていますね
     
     
    銀行の引当金の計算の
    元になっている
    債務者区分に依然として
    影響されています
     
     
     
    こんな状況ですが
    中小企業は、基本通りに
    自らの事業を磨くことが
    最も重要です
     
     
     
    自社の置かれた環境を
    あらためてよく見て
     
     
    更に自社の強みにフォーカスし
     
     
    勝ち易いマーケットを選び
    勝つことが極めて大事です
     
    自社の強みが
    ボンヤリしている場合は
     
     
    顧客の声を聞くことです
    利用頂いてるお客様に
     
     
    「他にも数多くある中からなぜ
    私どもをお選び頂いたのか?」
     
     
    この質問を自社のお客様に
    する事で自社の強みが
    浮き彫りになります
     
    こうして「強み」を磨く
     
    これこそが今日の
    日経新聞が報じた
    地方銀行の動きに対処する
    方法ですね
     
    今日は以上ですバイバイ
     
    お読み頂きありがとうございます
     
     
     
    お金の不安を解消し
    ビジョン実現をサポートする
    社外の戦略ブレイン
     
    ココをクリック右矢印ビズサポート
     
    キャッシュフローコーチ
    いなジィこと稲葉琢也
    o0480036013747442276
    初めての方はこちら
    ダウンダウンダウンダウンダウン
     
    にお尋ね下さい
     
    初めての方に朗報です
    初回相談は1時間まで無料です
    お気軽に
    ビズサポートのホームページ
    お問い合わせフォームか
    下記の電話にご連絡ください
     
    ダウンダウンダウン
    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217
    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

    2017/06/18
    起業したい方、起業まもない方必読、借入の仕方

    信用保証協会付き融資 
    いなジィのブログ487

     

    今日の動画は信用保証協会を

    使った借入についてです。

     

    これから起業したい方、起業後間が無くて

    民間借入の無い方にお伝えしたいのです

     

    何とか無借金で起業した方

     

     

    又は政府系の金融機関での借り入れ

    のみの方は

     

    信用保証協会の保証付き融資の

    経験がないと思います

     

     

     

    しかし事業をする以上は

    信用保証協会のことも

    知っておく必要があります

     

     

     

    なぜなら

     

     

     

    民間金融機関で借入をしよとすれば

    必ずと言ってよいほど

     

    信用保証協会保証付き融資を

    勧められます

     

    私は借金なんかしないから

    関係ないチューチューチュー

     

    そんな風に考えているあなた

     

    凄い金持ちでない限り

     

    本気での起業なら
    資金が必要な局面は
    必ず来ますよグラサン
     
     
    基本商売を始めると
    お金が先に出て行きます
     
     
    事務所の家賃
     
    仕入れ代金
     
     
    給料支払い
     
     
    その他の経費
     
     
    業歴の浅い起業後間もない会社に
    支払いを待ってくれるような
    相手は基本的にはいません
     
    したがって
     
     
    お金が先に出ていくのです
     
    一方で売り上げ代金は
     
    現金商売をしている人なら
    すぐに入ってきます
     
     
    しかし
     
    そうでない場合は
     
    掛け売りとなり入金が
    月末しめて翌月といったような事
    は普通に起こります
     
     
     
    それでも事業をしっかりと
    伸ばしたいと考えるなら
     
     
    どうしても手持ち資金を持っておく
    必要がありますね
     
     
    したがって
     
     
    借入についてしっかり学んで
    おくことが必要です
     
     
    尚且つ
     
     
     
    売り上げが計画通り上がらない
    収入が思うほど伸びない
    必ず1度は通る道です
     
     
     
    それが怖い人は起業しようなどと
    考えないほうがいいのです
     
     
    悪いシナリオを想定して
    借入を上手に活用して
     
     
    夢と勇気を持って始めた
    事業を大きく育てて行きましょう
     
     
    銀行取引のコツについても
    youtubeで話しています
    聞いてみたい方は
     
     
    youtubeのチャンネル登録を
    お願いします
     
     
    又銀行取引5つのコツの
    メルマガも用意しています
     
    お申し込みはこちら
    ダウンダウンダウンダウン
    <a href=”https://www.reservestock.jp/subscribe/71482″>
    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482
     
     
     
     
     
     
     
    お金の不安を解消し
    ビジョン実現をサポートする
    社外の戦略ブレイン
     
    ココをクリック右矢印ビズサポート
     
    キャッシュフローコーチ
    いなジィこと稲葉琢也
    {AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}
    初めての方はこちら
    ダウンダウンダウンダウンダウン
     
    にお尋ね下さい
     
    初めての方に朗報です
    初回相談は30まで無料です
    お気軽に
    お問い合わせフォームか
    下記の電話にご連絡ください
     
    ダウンダウンダウン
    会社☎︎ 082-548-2862
    fax  082-548-3170
    携帯 090-6402-4217
    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com
     
     
     
     

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ