• HOME
  • 事業内容
  • 代表プロフィール
  • 会社案内
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • メニューを閉じる
  • 稲葉琢也ブログ – ビズサポート

    INABA TAKUYA BLOG
    稲葉琢也ブログ

    赤字でも借入ができ、資金繰りが改善する元銀行支店長の秘訣を授けるビズサポートの稲葉琢也

    2019/09/17
    どんぶり勘定で起きることは?

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1052
     
     
     
     

    事業がうまくいかず

    資金繰りに困っている
    会社に共通すること
     
     
    社長さんを始め、皆さん
    忙しく働いている
     
     
    人手も足りなくて
    やらなければならないことも
    後回しになっています
     
     
     
    では、どこに問題が
    あるのでしょうか?
     
     
    こうした場合に今までも
    何度かお話しをしましたが
     
     
     
    問題点を特定するために
    売上や原価、経費を
    分けて見ていきます
     
     
     
    店が複数あれば店別に
    どの店が儲からないのか?
     
     
    事業部門が複数あれば
    どの部門に問題があるのか?
     
     
    部門や店は分かれなくとも
    どのお客様が儲かってないのか?
     
     
    社長さんや経理に
    聞いても分かりません
     
     
     
    なぜこうなるのでしょうか?
     
     
     
    多く見られるケースでは
    既存の事業が順調で
     
     
    さらに次の展開として
    新しい事業分野や
    新しいお店に投資をしています
     
     
    確かに事業発展のためには
    新たな挑戦は必要です
     
    しかしその新たな投資が
    軌道に乗るまでに
     
    しっかりとデータを
    見ながら手を打っていく
    ことが必要なのですが
     
     
    既存事業が収益があるために
    新たな事業のチェックが
    おろそかになっているケースが
    非常に多く見られます
     
    売上を上げることには
    関心があるが、管理には
    関心が薄い
     
     
     
    「管理は儲からない」と考えている
    こんな理由で
     
     
     
    売り上げを分けていない
    経費をごちゃまぜにしてる
     
     
     
    人員が掛け持ちのため
    人件費を分けて考えていない
     
     
    したがって全体が
    儲からなくなって
    原因を探ろうとしても
     
    ドンブリ勘定のため
    探すことができません
     
    現実にそれをやろうとすると
    例えば売り上げを
    レジで分けて把握する
     
    売り上げ現金を別管理し
    一緒にしない
    経費支出も小口現金を
    分けて管理する
     
     
    などの最初からルールを作り
    毎日コツコツと続ければ
    問題ないのですが
     
     
    完全にどんぶりで
    ごちゃ混ぜにしてしまうと
     
     
    業績が悪化したので
    原因を探そうとすると
    大作業になり
     
     
    結局、管理体制を整えて
    データを蓄積するまで
     
     
     
    正確な現状を把握
    することが出来ません
     
     
    税理士さんなどの
    専門家に依頼しても
    簡単にはいきません
     
     
    皆さんの会社でも
    どんぶり勘定が起きていませんか?

    どんぶりとは矢印のお金が入る前掛

     
     
    転ばぬ先の杖として
    いちど専門家に相談し
    点検してみましょう
     
     
    今日は以上です
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/09/10
    苦しいときの神頼みは効果があるのか⁈

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1051
     
     
     
     

    (画像は大山祇神社で今回ではありません)

     
     
    土曜日に、ある広島県内の
    小さな神社にお参りしてきました。
     

     

     「神社にお参りするの無意味」

    「神頼みではいけない」

     

    こんな風に考えている方もいるが

    私が土曜日にお参りに行ったのは

    年初に1度お参りした神社です

     

     

    近況報告も兼ねて、新たな誓いを

    立てるために行って参りました

    皆さんも試験や何かの大事なとき

    神さんにお参りした事のある方も

    多いと思います

     

     

    神社にお参りするのは

    「他力本願で意味のないことだ」

    と言う人もいますね

     

     

    しかし神社にお参りして

    自分の内面と向き合い気分一新して

    新たな誓いを立てる

     

     

    こうした習慣は

    決して悪くはない

    むしろ推奨されるべき

    ではないでしょうか?

     

     

    業績不振の会社をコンサルをして

    いつも思う事は、

    「どうやったらできるのか」

    ではなくて

     

    できない理由を沢山並べたてる

    こんな場面によく遭遇します

     

     

    会社から一方的に与えられた目標

    というふうに認識してしまうと

     

     

    「自分の責任を問われたくない」

    「言い出しっぺのお前がやれ

    と言われるのではないか」

     

     

    こんな気持ちになって

    自己防衛本能が働き

     

     

    できない理由を一生懸命

    話をすると言うことになり

    建設的な意見が全く出てきません。

     

     

    その場合の心境と神社での心境を

    考えてみてください

     

     

    神社にお参りをして

    自分事で何かを強く願う

     

     

    例えば試験に合格できるように!

    結婚できますように!

    家を新築できますように!

    昇進できますように!

     

     

    こんなにふうに明快に

    自分の理想や目標を立てて

    真剣に願う気持ちに

     

     

    定期的になれるなら

    神頼みも悪くはない

     

     

    本当に達成したいと

    強く願うことでいろいろな

    アイディアを考える

     

     

    又、他人の優れた考えを

    取り入れようとします

     

     

    真剣に考える時間と場所が

    神社ということなのです

     

     

    つまり、神社で真剣に考え

    祈るからこそ効果が生まれます

     

     

    将来の理想の姿を思い描く

    だけで、何も考えないで

    毎日を過ごすよりずっと良いと思います。

     

     

    だから

    私は定期的にお参りします

    今日は以上です。

     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/09/04
    交渉ごとを上手にまとめるには

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1050
     
     
     

    資金繰りなどで事業の先行きに

    不安がある社長さんの
    早期の事業再生をお手伝いを
    していますが
     
     
    経営改善計画を立て銀行に
    金融支援を受ける同意を求めます
     
     
    こうした仕事をしていると
    金融機関の方に説明をして
    理解してもらうことが
    重要となります
     
     
    バンクミーティングを開催して
    取引のある全ての金融機関が
    一同に会して、説明することも
    多いのですが
     
    あくまで計画を示して説明する
    ことが主な内容となります
     
     
    勿論、事前に計画書を送付して
    ミーティングに備えて貰い
     
     
    同じ説明を一同に会して聞き
    質疑応答をするので情報は
    公平に伝わる良さは有りますが
     
     
     
     
    最終的な同意を得るには
    個別に丁寧に質問に答えたり
    金融機関の要望を聞いて
    修正したりします
     
     
     
    こんな場合には、お互いの
    信頼関係がある場合と
    懐疑的な見方をされている場合は
     
     
    結果に決定的な違いがうまれます
     
     
    金融機関の調整が上手くいかない
    大半のケースは
    計画の内容以前に
     
     
    専門家と金融機関の関係性が
    上手く整っていないことが
    多いのです
     
     
    では、関係性はどうすれば
    良好に保つことができるか?
     
     
    実は、皆さんもご存知の方法で
    「接触頻度を上げる」ことです
     
     
    なかでも、顔を合わせて
    膝詰めで話すと一気に
    信頼関係が出来上がります
     
     
    どうも話し合いが
    上手くいかないと思う方は
     
     
    先ずは、相手の言い分を
    冷静によく聞きましょう
     
     
    その際には、お互いの立場の
    違いを認めて、言い分に
    即座に反論しないことが重要です
     
     
    話の途中で遮ったり
    即座に反論したり
    感情的になると最悪な
    事態に陥りやすい
     
     
    先ずは相手の言い分を
    否定せずに認めます
     
     
    そしてその言い分はなぜ
    そう主張しているのか?
     
     
    立場や背景を理解するように
    質問をしてみます
     
     
    「〇〇さんのおっしゃるのは
    〜ということですね」
    「それは、どのような経緯や
    背景があるのでしょうか?」
     
     
    こんな感じです
     
     
    相手の言い分を認めるのは
    迎合するのではないのです
     
     
     
    そうして、すり合わせをして
    互いに妥協できる点はないか
    丁寧に探していくのです
     
     
    これは、他の仕事の場面でも
    共通することではないでしょうか?
     
     
    「あの人は苦手だな」
     
     
    「あの会社は厳しいから嫌いだ」
     
     
    こんな話をよく聞きますが場、
    原点に戻って、話をよく聞いてみる
    ことも1つの方法です
     
     
    信頼関係の構築にはマメに
    接触すること
     
     
    話をよく聞き相手を
    認めることです
     
     
    私も丁寧に、繰り返します
     
     
    今日は以上です
     
     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、5名以内の少数密着型で学べます
     
     
    説明会を兼ねたセミナーがあります。
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/08/27
    金融機関に協力してもらう為に必要なこと

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉のブログ1049
     
     
     
     
     
     
    経営改善を図っている
    お客様に関する記事です
     
     
    弊社は、普段、資金繰りの
    苦しいお客様と一緒に
    お願いの文章を作り、
     
     
    改善計画を作る期間の
    銀行の借入返済を緩めて頂いて
    シッカリと立て直しが
    出来るように計画をつくります。
     
     
     
    計画を立てればすぐに
    改善するのかといえば
     
     
     
    順調に改善が進む会社もありますが
    なかなか赤字が止まらず
     
     
    売上も減少し続ける会社もあり、
    会社毎にかなりバラツキがあります
     
     
     
    再生は先ずは
    企業側の事業そのものの
    立て直しが必要ですが
     
     
    その為には金融機関の協力が
    得られることが大前提です
     
     
    特にメイン銀行の協力姿勢が
    絶対に必要です
     
     
     
    サブ以下の金融機関は
    メインの姿勢をみていますので
    新たな融資は難しいのは当然ですが
     
     
     
    事業の立て直しに向けた
    経営努力を理解して
     
     
     
    計画期間の返済の猶予や
    抜本的な改善計画を立てることが
    困難な場合には、体力回復期間として
     
     
     
    3年間の暫定リスケに応じる
    などの支援姿勢が必要となります
     
     
    この過程では金融機関として
    事業の再建について懐疑的であったり
    半信半疑といった捉え方を
    していることが多いのです
     
     
    そこで専門家が関わって
    丁寧に説明していくことが求められます
     
     
    その説明のために1番苦戦するのは
    事業の部門別であったり店別に
     
     
    売上、原価、経費、利益などを
    把握して示すことが必要ですが
     
     
    そもそも自社でデータが
    とれておらずデータ集めに
    苦労します
     
     
     
    本来なら
    経営が上手くいっているか?
    自ら細分化して確認して
    売上が下がってる部門は?
     
     
    原価が高い部門は?
    経費がかかり過ぎの部門は?
    利益が出ていない部門は?
     
     
    という具合にみていくことで
    早目に、不振の兆候を把握して
    対策を考えて、実行できます
     
     
    そしてその対策の効果が
    どのくらいか?
     
     
    足りなければ
    更にあらたな対策を
    考えていきます
     
     
    以上のように出来ていれば
    良いのですが
     
     
     
    改善が必要となっている
    大半の中小企業はそれが
    出来ていないからこそ
    経営不振に陥っています
     
     
     
    建て直すためにはこれらを
    一つ一つ実行していかなければ
    なりません
     
     
    又金融機関には、そうした現状も
    理解してもらい
     
     
    勿論必要なことだが
    時間がかかる
    ことも理解して協力して
    もらいたいのです
     
     
    最近、苦戦している案件は
    サブ以下の金融機関は
    待ってくれているが
     
     
    メインのメガバンクが
    計画に対して、細かな質問を
    数多くして、膨大な作業が
    必要になっています
     
     
    やはり普段からデータが
    取れる様にしておかないと
    大変ですね
     
     
    普段から専門家の意見を聞いて
    経営に必要なデータが取れる
    ようにしましょう
     
     
    今日は以上です
     
     
     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    2019/08/20
    バンクミーティングを開いて銀行の協力を得る。

    資金繰りや銀行取引が
    不安な方の味方
    ビズサポート稲葉1048
     
     
    昨日は、朝から、大阪に出張
     
    バンクミーティングに
    パートナーと新幹線で向かいました
     
     
    経営改善計画が出来上がったので
    取引金融機関様にお集まり頂きました
     
     
    最初に社長から金融機関に
    本日までの協力に謝意を表明
    今後の事業の立て直しに向け
     
     
    経営努力をすることを意思表示
    した上で、金融機関の理解と
    協力をお願いするあいさつを
    します
     
     
     
    弊社が経営改善計画の説明をして
    計画に盛り込まれた金融支援策に
    同意をお願いしました
     
     
     
    今回の計画は、後述の
    数値基準を満たす計画を
    作ることが難しく
     
     
     
    3年間の暫定リスケジュールを
    お願いする内容です
     
     
     
     
    通常なら
    ①計画3年以内の黒字化
     
    ②5年(10年まで許容される)
         以内での債務超過の解消
     
    ③計画終了時点で
    キャッシュフロー倍率10倍以内
     要するに15年から最大20年で
    返済しなければならない借入が
    全て返済できる
     
     
    以上の3つの数値基準を満たす
    計画を作るのです
     
     
    しかし、今回は
    商取引の相手に対して
    支払いをする必要がある
    債務が多いため
     
     
    事業を継続するには
    商売相手への支払いを
    優先させて
     
     
    金融機関には3年間は
    元金の返済を待ってもらい
    利息のみを支払いします
     
     
    3年間を体力回復期間として
    事業の立て直しを図ります
     
     
    概ね理解頂き、本部の
    承認を取って同意書を
    出してもらうのを待ちます
     
     
    バンクミーティングは取引の
    金融機関が一堂に会して
    同じ情報に基づいて
     
     
    再生に向けての金融機関の
    協調体制を整えることが
    できます
     
     
    借入企業が独力で
    交渉をすることは
    かなり難しいので
     
     
    しっかりと経験豊富な
    専門家に依頼することが
    重要です
     
     
    専門家とは普段から
    自社の内容について
    打ち合わせをして
    おきましょう
     
     
     
    難しいこと、経験の無いこと
    どうして良いか分からない事は
     
     
     
    「着手を早く」を
    こころがけましょう
     
     
     
    今日は以上です
     
     

     

     

     

    共感してくださる仲間を探しています

     
     
     
    私のミッション
    「お金で不幸になる人を無くす」
     
     
    ビジョン
    「早期再生で広島を日本一
    チャンスの多い県にする」
     
    共感して、中小企業を
    元気にする仲間を募集しています
     
    中小企業診断士などの士業向け
    早期再生コンサルタント養成講座もあります
    全6回、3名以内の少数密着型で学べます
     
     
     
     
     
    お金の不安解消と

    ビジョン実現の戦略ブレーン
    キャッシュフローコーチ
    稲葉琢也

    お金の悩みを解消して

    あなた(あなたの会社)が

    なりたい理想の姿=ビジョンを実現するための

    銀行取引の5つのコツ

    https://www.reservestock.jp/subscribe/71482

    お気軽にご相談ください

    ダウンダウンダウン

    会社 082-548-2862
    fax 082-548-3170
    携帯 090-6402-4217

    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com

     

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ