• HOME
  • 事業内容
  • 代表プロフィール
  • 会社案内
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • メニューを閉じる
  • 本業に集中する – ビズサポート

    INABA TAKUYA BLOG
    稲葉琢也ブログ

    赤字でも借入ができ、資金繰りが改善する元銀行支店長の秘訣を授けるビズサポートの稲葉琢也

    2017/06/09
    連敗には訳があり、負ける人は負ける考え方が.

     負け続けるには訳がある 
    いなジィのブログ478
    {DCF1BD0A-9AF2-47FD-81BD-1DDB208555B9}

    巨人が13連敗して

    球団の連敗記録
    更新しました


    カープは好調だけど

    巨人はかわいそうな位負けています

    もちろん

    どの球団も10連敗以上の

    連敗はあります

     

    皆さん不思議ではないですか?
    プロの選手だから技術的には
    どの球団も一流の選手を集めています
     
    巨人は金持ち球団だから
    一流選手をたくさん集めています
     
    なのに連敗します
    監督の采配がどうだ
    選手のやる気がどうだ
    〇〇のシーンであの選手が… .
    いろいろ言いますが
    大きな要因として
     
    メンタルの影響が多いのだと思います
    普通の心理状態で戦えば
    実力どおりの結果になるはずです
    しかし負けが立て込んでくると
    連敗を止めなければ….
    また負けるのではないか…
    力が入りすぎたり
     
    不安になったりします
     
    試合での連敗に限らず
    1つのゲームが中での
    「流れ」も良く聞きますね
     
    例えば
     
    バレーボール、卓球、テニス
     
    どちらかに一方的にポイントが入って
    流れが良い、悪い、などといますね
     
    監督がタイムをとり
    流れを変えるという解説を
    よく耳にしませんか?
     
    監督やコーチの話を聞いても
    精神状態を落ち着かせる
    ようなアドバイスが主で
    技術的なことはあまり
    言っていません
     
    個人でもチームでもメンタルが
    結果に大きく影響している例です
    ゴルフをする方は、よく分かること
     
    例えば
    ティショットで
    ナイスショットした次に続けて
    ナイスショットする確率は低く
     
    大ダフリや大トップといった
    ミスショットを簡単に行います
     
    いいショットする力があるのに
    その力がいつも出せないのは
     
    アクションにメンタルが影響するからです
     
    常に沈着冷静で、明鏡止水の境地
    こんな状態で打てばミスが少なくて
    再現性が高くなります
     
    そのためには、1球の打撃やショット
    サーブやレシーブの瞬間に
    集中すると良い
     
    打率やスコアや記録など
    余計な事を考えないが必要です
    その為のルーティーンを
    良く見かけますね
    {96B742BE-EAD5-41CC-A894-F465B6D3EED8}

    {3C3D4C83-BEC5-4A4F-9D7E-778E80034EDF}

    これらは有名ですが

    ご存知の通り
    集中する為なのです
     
    資金繰りの厳しい会社の社長さん
     
    支払いや返済などのお金のこと
    ばかり考えていると
     
    本業に集中できませんね
     
    月に1日はしっかりお金の
    見通しを立てたら
     
    あとは本業
     
    ターゲット顧客を考える
    (どのようなお客様のどのよう
    なニーズにお応えするか)
     
    売上を伸ばす対策
     
    変動費を下げる方策
     
    粗利を増やすには?
     
    固定費を見直す
     
    社員のモチベーションを上げるには?
     
    本来考えなくてはいけない
    本業にどれだけ集中できるかで
     
    結果は大きく変わります
     
    負け続けていると
    負けるような考え方に
    とらわれがちです
     
    経営も監督やコーチがいると
    メンタルのコントロールが出来きて
    もっと集中して力が発揮できますよ
     
    ポイント
    徹底的に本業に集中する
    今日はここまでバイバイ
     
     
     
     
     
    お金の不安を解消し
    ビジョン実現をサポートする
    社外の戦略ブレイン
     
    ココをクリック右矢印ビズサポート
     
    キャッシュフローコーチ
    いなジィこと稲葉琢也
    {AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}
    初めての方はこちら
    ダウンダウンダウンダウンダウン
     
    にお尋ね下さい
     
    初めての方に朗報です
    初回相談は30まで無料です
    お気軽に
    お問い合わせフォームか
    下記の電話にご連絡ください
     
    ダウンダウンダウン
    会社☎︎ 082-548-2862
    fax  082-548-3170
    携帯 090-6402-4217
    メール
    takuya@bizsupport-inaba.com
     
     
     
     

    2017/01/27
    安心安全ポジティブで最高のパフォーマンス

    正しい姿勢で心も安定
    身心一如に
    いなジィのブログ344
    {DD6C61B9-6FDB-4472-8F07-76141B3A819B}

    おはようございます。

    昨日に続いて今日も横浜で
    強化研修を受けています


    午前中はキャッシュフローコーチ
    でもあり太極拳の坂元先生

    {F5E489AC-4948-46DE-A939-98E6FE2463A2}

    健康に何の不安なく
    120%ビジネスに集中したい
    経営者のための
    「安心、安全、ポジティブ」な
    自分作りセミナーと題して
    サブタイトル
    「秘伝‼️太極拳的セミナー受講術」

    1.身体に意識を向けるべし

    2.疲れたら休むべし

    3.意識的に楽しむべし

    これにより
    1.身体、呼吸、気持ちが楽になる
    2.パフォーマンスアップを体感できる
    3.関わるお客様に活用する
    この3つのゴールを狙いました
    結論から言うと

    「力を抜く」ことの効果を
    体感して、その重要性を教わりました



    2人1組になり横に並んで立ち



    片方の方が一定の強さで
    肩を横から押します



    嫌な事を思い出すと
    その時押されると
    呆気なくよろめき




    楽しくポジティブな
    シーンを思い浮かべて時に
    合図して押されると
    地面に根が生えたかのように
    ドッシリとして動きません



    心の動きが身体に影響を
    与えることを体感しました


    試してみて下さい
    明らかに明確な違いを
    感じることができます

    一方で

    「安心」「安全」「ポジティブ」
    の反対は


    「不安」「危険」「ネガティヴ」



    頭文字をとるとFKNです
    ちなみ

    「安心」「安全」「ポジティブ」は
    AAPです、ピコ太郎ではありません



    FKNになる原因は心も身体も


    「力を入れること」だと
    言われました


    「力を抜くこと」は

    心でイメージする、言葉など
    きっかけは様々ですが


    姿勢を正すだけでも効果が
    あるようです

    具体的なやり方や
    チェック方法を学びましたので


    今日の寝る姿勢から整えて
    明日はスッキリ目覚めます



    それでは出張帰りの
    新幹線なので今日はここまで。



    お読みくださり
    ありがとうございます。


    「お金」と「ビジョン実現」の

    社外の戦略ブレイン

    ココをクリック右矢印ビズサポート

    いなジィこと稲葉琢也
    {AC935B96-6098-4E26-8DBA-0AEC4CCEFAAA}


    初めての方はこちら
    ダウンダウンダウンダウンダウン

    にお尋ね下さい

    初回相談は無料です
    お気軽のHPのお問い合わせ
    フォームか下記の電話に
    ご連絡ください

    ダウンダウンダウン
    082-548-2862

    最近の記事

    カテゴリー

    アーカイブ